11月3日文化の日とは何か?由来や意味を子供に説明できる?

昭和23年(1948年)に制定された『国民の祝日に関する法律』によって《文化の日》とされた〔11月3日〕ですが、その前は明治天皇のお誕生日を祝う《明治節》だったのというのをご存知でしたか?

それにしても、なぜこの日が《文化の日》となったのでしょうか、そして《文化の日》とはいったいどういう日なのでしょうか。

子供に説明できるように一度学んでみましょう。

 

 

スポンサードリンク

 

 

由来は日本国憲法に関係があります

『日本国憲法』ができたのを国民に知らせた(公布した)のが、昭和21年(1946年)の11月3日、実際に効力を持った(施行された)のが翌年の昭和22年(1947年)5月3日です。施行日の5月3日は《憲法記念日》としました。では、11月3日はというと、『日本国憲法』の3つの柱【戦争放棄】【主権在民】【基本的人権の尊重】から【自由と平和を愛し、文化をすすめる】ということで《文化の日》と制定されました。平和への意思を基盤とする文化を発展、拡大させようというのがその趣旨です。11月3日の文化の日にはこんな由来があったのですね。

 

文化の日の行事

よく知られているのが皇居で行われる《文化勲章の授与式》です。《文化勲章》とは『学問や芸術など文化の発展、向上に顕著な功績をあげた人に授与される』もので、文化功労者の中から閣議によって選ばれます。

またこの日は秋の叙勲の日でもあります。(ちなみに春の叙勲の日は4月29日)

〔自己の危難を顧みず人命の救助に尽力した方〕におくられる【紅綬褒章】、〔科学技術分野における発明・発見や、学術及びスポーツ・芸術文化分野における優れた業績をあげた方〕におくられる【紫綬褒章】などの各種【褒章】の受章者の伝達式も行われます。

その他、文化の日を中心に文化庁主催による芸術祭が開催されますし、全国であちこちの美術館や博物館が無料になります(すべての施設が無料になるわけではありませんので、ご注意ください)ので、ぜひこの機会に訪れてみてはいかがでしょうか。

 

明治節だったこと

11月3日は、戦前は明治天皇のお誕生日だということで《明治節》という祝日でした。憲法が公布された日は11月3日なのですが、なんだか中途半端な感じがしませんか?

戦後の日本はGHQによって統治されていました。GHQ主導でできた新しい憲法を〔公布する日〕は、日本の政府がこの《明治節》を意識して11月3日にしたのではないかといわれています。日本政府はこの日を憲法の日にしたかったようですが、GHQが《憲法》と《天皇》が結びつくのを嫌ったので、施行日の5月3日が『憲法記念日』になったようです。しかし、日本政府はやはり《明治節》であった〔11月3日〕をどうしても祝日として残したかったようで、少し無理やりな気もしますが、憲法が《自由と平等と文化を愛することを主体とした憲法》であることから《文化の日》としたのだともいわれています。

子どもに説明するときにはGHQ云々は省いてもかまわないかと思いますが、この《文化の日》は日本の文化の発展に大きく関わっている日だといえそうです。

 

 

Sponsored link