布団のダニ対策おすすめはアイロンと掃除機で!布団干しだけでは不十分!

ふとんに潜むダニ

 

ふとんにはダニが潜んでいるのはわかっていますが、

なんと32万匹はいると言われていることをご存じですか?

一般的なダニはチリダニと言われるダニで皮脂やフケなどを餌にしているので、

ほっておくとどんどん増えてしまうんですね。

 

 

スポンサードリンク

 

人を噛むことはないのですが、アレルギーになったり喘息の原因になったりもします。

小さな子供などはアトピーの原因にもなりますし、

死骸もそのままになっていると、

それが原因で大人もアレルギーを発症する場合もあるので、

ダニは怖いですよね。

 

なので、ふとんのお手入れは重要なのです。

そこでふとんに潜むダニ退治の方法をいくつかご紹介したいと思います。

 

ダニ退治にふとんを干すだけで十分なの?

ダニは熱に弱いと言われ、

一般家庭ではお天気のよい日にふとんを干して、

パンパン叩くことが行われています。

 

しかし、これで十分効果があるかと言うと、

実はそうではないのです。

 

ダニが死滅する温度は50度と言われ、

パンパンふとんを叩いても

すべてのダニが落ちていなくなるわけではありませんし、

叩くことで却って死骸などが舞い上がってしまい、

それを吸ってアレルギーになることを考えたら、

ふとんを叩くのも考えてしまいます。

 

できれば干した後に掃除機で吸うことをおススメしますが、

他によい方法はないものかと調べてみました。

熱イコールドライヤーと考えましたが、

ドライヤーですと、

広いふとんにまんべんなく風を当てるのは大変なことなので、

方法としては難しいかと思います。

 

アイロンを使ってみましょう

 

そこで、熱をまんべんなく当てることでダニ退治ができる、

アイロンを使ってみる方法をお伝えします。

 

実はダニは暗い所で活発に活動しているため、

日頃はふとんの中に潜んでいます。

 

ですので、いったん部屋を薄暗くして

ふとんの表面にダニをおびき寄せてから、

硬く搾ったタオルなどをふとんに当てて一気にアイロンを当てます。

 

5秒くらいを目安にしてください。

ダニは低い温度の方へ逃げていくので、

ふとんの上から下へ向かってアイロンをかけると効果的です。

アイロンをかけ終わったら終了ではなく、

死骸や卵などを残さないよう掃除機をかけましょう。

 

掃除機はなるべく丁寧にかけてダニの死骸等を取り除いてください。

最近ではふとんクリーナーという掃除機も販売していますが、

今ある掃除機に専用のノズルをつける方法もあります。

ダニは一度退治しても卵が残っていたらまた繁殖してしまうので、

1週間に1度は退治するとよいと思います。

 

その他に、ダニ退治用のスプレーなどもドラッグストアなどで見かけますが、

ダニはハーブの匂いが苦手なので、

まず、ダニ退治してから予防のために吹きかけておくことをおススメ致します。

ダニは目に見えないものなので、

定期的に予防と退治を繰り返してアレルギー対策を致しましょう!

Sponsored link