年末大掃除の意味とは?コツとやり方は?チェックリストでどこからするのか決めましょう♪

お掃除が得意ではない人にはうれしくないイベント《年末の大掃除》。少しでも楽にやってしまいたいと思いませんか。わざわざどうして寒い時期にしないといけないのだろう?なんて考えたことはありませんか。換気扇の掃除や網戸の掃除をして風邪をひいた経験のある方も多いのではないでしょうか。

 

 

スポンサードリンク

 

大掃除の意味 なぜ年末なのでしょう

平安時代にはもうすでにやっていたようです。『一年分のすすやほこりを落として、歳神様(お正月の神様)を迎える準備をする』のと、『くる年の安泰、五穀豊穣を願う』ものとして新年を迎える前に掃除をしていたということで、宗教的意味合いが色濃い感じです。

江戸時代に入ってからは、大奥で、また神社仏閣で12月13日にすす払いがおこなわれていたので、一般家庭でもそれにならって13日頃からやるようになったといわれています。他にも、奉公に出ていた人たちが新年に間に合うように里帰りのに移動する前にということでこの頃に掃除をしたともいわれています。

 

大掃除の基本、コツとやり方

掃除と大掃除の違いは、『整理』にあるといえそうです。要らないもの(要らないと思われるもの)を思い切って処分し、新しい気持ちで新年を迎えるということです。その点で大掃除は『掃除+整理』、掃除は『掃除のみ』ということになりますね。なんとなくしまっていたものなどを大掃除の機会に必要なのかどうか見直し、特に必要でなければ思い切って処分することで部屋も自分の気持ちもすっきりすることでしょう。

実際に大掃除をやるときの基本は、《奥から手前へ》《上から下へ》という原則に従ってやっていくとスムーズに掃除を進めることができます。

《奥から手前へ》最後は玄関でおしまいにしますから、奥というのは玄関から遠い場所ということになります。

《上から下へ》まず天井の掃除、そのあと照明器具、そして壁や家具、ドア、最後に床でおしまいです。

部屋の掃除はまず大きなものを部屋から出してからやると効率がいいです。途中でごちゃごちゃと動かしたりしていると時間もかかりますし、テンションも落ちてきます。掃除機をかけるにしても一気にさっとかけられますから、気分もいいし電気代の節約にもなります。

 

チェックリストを作ると手順よく掃除が進みます

『どの部屋を』『だれが』『何を使って』『いつ』やるのかを、しっかり決めてから取り組みましょう。そのあとは、使う道具や洗剤が揃っているか確かめ、大掃除の前にもれがないように準備します。

部屋の単位で【キッチン】【浴室】【トイレ】【洗面所】【居室】【廊下】【階段】【玄関】【庭】などの分け方でもいいですし、掃除の仕方で【水回り】【居室】などと分けることもできます。

『キッチン』ガスレンジなどにこびりついた油汚れやこげつきなどは、洗剤や水をしみこませたキッチンタオルで湿布したりラップをかぶせてしばらくおきます。汚れが取れやすくなるまでの間に他の作業ができますから、時間が有効に使えますよ。換気扇やレンジフードも同様に湿布しておくとあとは比較的簡単に掃除ができます。

『居室』忘れがちな照明器具のほこり落としですが、高いところの作業ですから十分に気をつけてやるようにしましょう。ほこりが床に落ちてしまうまでに少し時間がかかりますから、その間に他の部屋で服などをいるものといらないものに選別する作業などをすると時間が無駄なく使えます。またほこりは空中を舞いますから、必ずマスクを忘れずに。

それぞれの汚れに合う洗剤を分けて使うことも必要です。《キッチンの頑固な汚れ》には《アルカリ性洗剤》がいいですし、《トイレの黄ばみ》には《酸性の洗剤》が効果を発揮します。

 

『窓』『サッシ』『庭』などは寒くなると掃除が大変ですから、12月に入るころの比較的あたたかい日に済ませておくようにするといいでしょう。大掃除で風邪をひいてお正月休みが台無しになってしまっては本末転倒ですからね。

 

Sponsored link