来年のお正月

お正月に見る《初夢》いったい、

いつ見た夢のことでしょうか。

《初夢》でみると縁起のいい夢と

悪い夢(縁起の悪い夢もあるんですね)、

そしていい夢をみる方法と

悪い夢を見たときの対処法など、

来年の初夢で縁起のいい夢をみるために知っておくといいですよ。

 

スポンサードリンク

 

いつ見た夢のことをいうのでしょう

『新しい年を迎えて最初に眠った日の夜に見た夢』

いうのが《初夢》の定義のようですが、

 

  1. 大晦日から元旦の朝にかけて寝たときに見た夢〕、
  2. 〔元旦の夜から2日の朝にかけて見た夢〕、
  3. 〔2日の夜から3日の朝にかけて見た夢〕と諸説あります。
  1. ②は悩むところですが、
  1. はちょっと疑問を持つ方もいらっしゃるでしょう

これは江戸時代にさかのぼりますが、

枕の下に入れて寝ると

縁起のいい夢を見られるといわれる

《七福神を乗せた宝船の絵》が

2日限定で売られていたことからきたもので、

その絵を使うことができる2日の夜に見た夢を

《初夢》とする説ができたようです。

どれも正しい気がしますが、

最近は元旦から2日の朝にかけて見た

夢のことを指すことが多いようです。

 

縁起のいい夢とそれを見るために

『一富士二鷹三茄子(いちふじにたかさんなすび)』

有名ですね。

《富士》は日本で一番高い山で

〔高い〕〔大きい〕ということ、

また〔無事〕にかけているともいわれています。

 

《鷹》は足で〔つかみ取る〕ということや、

家康が好んだ鳥であったこと、

それに〔強く、賢い鳥である〕ことから

縁起がいいとされます。

 

《茄子》は表面がつるつるで

毛がないことから〔ケガがない〕、

また事を〔成す〕にかけてあるともいわれます。

 

これには

『四扇五煙草六座頭(しおうぎごたばころくざとう)』

という続きがあります。

 

《扇》は〔末広がり〕から

〔子孫繁栄〕〔商売繁盛〕につながるといわれ、

 

《煙草》は煙が上に上がることから

〔運が上がる〕、

 

《座頭》は琵琶法師のことを指すのですが、

毛がないことから

〔ケガがない〕というありがたい夢の数々です。

 

このような縁起のいい夢を

見るための方法も昔から

言い伝えられていますから、紹介しましょう。

 

さきほどもちょっと書きましたが

『七福神を乗せた宝船の絵』を

枕の下に入れて寝るという簡単なものです。

その時に

『永き夜の遠の眠りのみなめざめ、

波のり船の音の良きかな』という回文を

 

その紙に書いて枕の下に入れるとよいという説、

この回文を3回唱えてから寝るとよいという説があります。

 

どちらでもやりやすい方法で

やってみてはいかがでしょうか。

 

ちなみに回文をひらがなで書くと

『なかきよのとおのねふりのみなめざめ

なみのりふねのおとのよきかな』となりますよ。

 

縁起の悪い夢と見たときの対処法

《暗い道や水辺をさまよっている夢》

罪悪感にさいなまれている暗示です。

 

《船で寝ている夢》は予想外のトラブルに

見舞われる暗示です。

 

《(もう一人の)自分に励まされている夢》

対人関係のトラブルの警告です。

 

《追いかけられる夢》

何か圧力に苦しんでいるという暗示。

 

《黒い靴下の夢》は大切なものを失くしてしまう暗示。

 

《裸で出歩いている夢》は周囲の目を気にしすぎて

ストレスになってしまっているという警告。

 

《落ちる夢》は不安なことがあったり、

気力や体力が落ちてきている暗示です。

 

こういう夢を見たときには、

目が覚めてからお昼までの内(午前中)に

誰かに話してしまいましょう。

 

誰かに話すと夢は実現しないと言いますから、

悪い夢を見たときには話してしまうことがいいそうです。

 

くれぐれもいい夢を見たときに

うれしくなって周りに人に話して

しまわないように気をつけましょうね。

 

Sponsored link