冬至

2015年の冬至は12月22です。

冬至にはかぼちゃを食べて、

ゆず湯に入るといいといわれていますが、

どういう由来があるのでしょう。

また他にもよく食べられている食材には

どんなものがあるのでしょうか。

 

スポンサードリンク

 

まず、冬至の基礎知識を

冬至(とうじ)は一年の内で

《昼間の時間(日が昇ってから沈むまでの時間)が一番短い日》です。

ちなみに一番長いのが夏至(げし)で、

ほぼ同じなのが春分の日と秋分の日です。

 

2015年の冬至は12月22日ですが、

いまのところ4年に一度12月21日になる年があらわれます。

(この先ずっと同じではないようですが)

昼間の時間が短いのと、

もう一つ《太陽が一番高くなる位置が、一年の内で一番低い日》でもあります。

 

『冬至』というのは、

《日短きこと至(きわめ)る》という意味があるそうで、

この日を境に太陽の力がよみがえってくると

考えられています。

【陰】が極まり再び

【陽】にかえる日という意味の

【一陽来復(いちようらいふく)】といって、

冬至を境に運気が上昇していくとされています。

 

かぼちゃを食べるのはなぜ?他に食べられているものは?

冬至にかぼちゃを食べる風習というのは

江戸時代からあるそうです。

《かぼちゃは太陽の色と似ているから》

《カロテンが多く含まれているから》

《「ん」のつく食べものを食べるといいといわれるから

(かぼちゃは〔なんきん〕ともいいます)》

《保存がきくから》など、

いろいろな由来があるようですが、

この中で《カロテン》云々については、

時代を考えると少し疑問のようですね。

(もちろん現在ではカロテンが体内で

ビタミンAにかわることがわかりましたから、

冬にビタミンを摂るのに非常にいい食材であることは

よく知られているのですが)

 

かぼちゃだけを煮物にして食べる地方、

他にもいろいろな食材と一緒に煮物にして食べる地方など

さまざまではありますが、

まずかぼちゃは食べられることが多い食材です。

 

他にも〔ん〕のつく食べものを食べるといいといわれることもあります。

《冬至の七種(とうじのななくさ)》というのがあり、

これはぜんぶ〔ん〕がつくものです。

『なんきん(かぼちゃのこと)』『にんじん』

『れんこん』『ぎんなん』『きんかん』『かんてん』

『うんどん(うどんのこと)』

これが《冬至の七種》といわれるものです。

確かにぜんぶに〔ん〕がついていますね。

 

他に〔と〕がつく食べものというところもあります。

『とうなす(かぼちゃのこと)』

『豆腐』『唐がらし』『どじょう』などです。

 

《小豆粥》や《いとこ煮》といって

「小豆」と「かぼちゃ」を

煮たものを食べる地方もあります。

 

いずれも冬を乗り切るために

身体にいいものですから、

【一陽来復】でこれから

《陽》に向かっていくことへの期待を感じさせます。

 

ゆず湯

これも江戸時代に始まったとされています。

諸説ありますが、

銭湯でお客さんを呼ぶためにやったことが

始まりだったというのがよく知られているようです。

 

しかし柚子の木が《寿命が長く病気に強い》ということで、

それにあやかって柚子をお風呂に入れ

『無病息災』を祈るという意味合いもあったようです。

 

香りの強いものは魔よけの意味もあり、

香りが強くちょうど時期でもある『柚子』を

お風呂に入れたということも考えられますね。

 

ちなみに『柚子』をお風呂に入れると、

皮膚の弱い人は異常があらわれることもありますから

十分注意しましょう。

 

(私は皮膚が弱く湿疹が出てしまうので、

もっぱら入浴剤で代用しています)

 

また語呂合わせもあり、

『冬至』⇒『湯治』、『柚子』⇒『融通』ということで

【健康になって、金回りがよくなりますように】という願い

こめたものともいわれています。

 

ゆず湯でよくあたたまり、

かぼちゃを食べて健康な身体を作って、

冬を元気に乗り切りましょう。

Sponsored link