• 投稿 2015/02/24
  • 生活
引っ越しの手続きでまずやることは?リストアップしてみました!

春は、新生活を始める人も多いので、引っ越しシーズンでもあります。

一言で引っ越しと言っても、手続きや引っ越し作業は、かなりエネルギーを使います。

やるべきことのチェックリストを作って手順をふまないと、ついついやり漏らしてしまうことも。

新生活を良い気持ちでスタートするためにも、やるべきことをリストアップしてみました。

 

スポンサードリンク

 

1ヶ月前までにやっておく手続き

★賃貸の人は、大家さんに連絡しましょう。

★まだ使えそうな不要品がある場合は、リサイクルショップに買い取り依頼をしましょう。

★粗大ゴミ回収の予約をしましょう。☆回収日が2、3週間後になる場合があるので早めに。

★引っ越し業者に見積もり依頼をする ☆複数の業者へ見積もり依頼を!

★子どものいる家庭は、担任の先生に連絡しましょう。

★荷造り用の段ボールを手配しましょう。 ☆スーパーなどで無料でもらえます。なるべく大きさを

揃えて集められるといいですね。運送業者さんが荷積めする際にスムーズに運べるので。

★新居先のインターネット工事の予約 ☆開通までに1ヶ月以上かかる場合もあります。

 

引っ越し前日までにやっておく手続き

たくさんあるので、余裕をもって手続きに取り掛かりましょう。

★市区町村役場へ転居届の提出しましょう。

その際、一緒に…

・印鑑登録の廃止届

・国民健康保険の資格喪失届 ☆その他、社会保険加入の人は、勤務先に連絡しましょう。

・児童手当の手続き

★郵便の転居(転送)届 ☆日本郵便ホームページでも手続可能です。

★電気使用停止の連絡

★ガス使用停止の連絡と、転居先のガス開栓予約

★水道使用停止の連絡

★固定電話の契約変更(116番かインターネットで連絡)

★新聞をとっている人は、契約解除または転居連絡

★住所変更の連絡をしましょう。

・携帯電話会社、ケーブルテレビ会社

・NHK

・銀行

・クレジットカード会社

・各種保険会社・

・ペットを飼っている人は保健所へ。

★荷物の梱包は、前日にまでに終わらせましょう。

★掃除も忘れずにしましょう。きちんとしておかないと清掃料金をとられる場合も。

★冷蔵庫の霜取りをし、コンセントを抜く。

★洗濯機の水抜きをして、コンセントを抜く。

★ストーブなどの灯油は抜き取って処分する

★転居先のご近所さんへ挨拶品の用意をしておく。

★新居の家具などの配置レイアウト作り。

 

荷造りのポイントは

大きめの段ボールに小さくたたんで入れていきます。たくさん入れても重くなりすぎないので、

隙間も活用して、詰めていきましょう。

    衣服は今着ていないオフシーズンのものから詰めていきます。

 

引っ越し当日は?

★電気、ガス、水道の各支払いが当日清算となっている場合は、立ち合いのもと清算して支払います。

★旧居の引き渡しを、大家さんか管理会社の立ち合いのもと受ける必要があります。

大家さんか管理会社の担当者が、部屋をチェックした上、清掃料や修繕費用などを計算し、

敷金の精算をします。

清掃料金はきちんと拭き掃除までしていれば、支払う必要はありません。

家具を置くことによってついたフローリングや畳の跡や、冷蔵庫やテレビの後ろの壁の汚れに

ついても修繕費用を支払う必要はありません。

大家さんや管理会社の言われたままに支払ってしまうと、本来支払う必要がないものまで、

払ってしまう場合がありますから、注意してください。

 

 

引っ越し後、新居先での手続きは?

 

★一戸建てにお住まいの場合は、向こう3軒両隣り、マンションアパートなど集合住宅の場合は、

両隣りと上下階の人へ、それぞれ挨拶品を持参して挨拶をしましょう。

「隣りに引っ越してきました○○です。引っ越し作業で何かとご迷惑をお掛けすると思いますが

どうぞよろしくお願いします。」と伝えましょう。

 

 

★運転免許証の住所変更は、転居先の管轄の警察署か運転免許センターにて手続きします。

<同都道府県内での転居の場合 必要なもの>

1.住所を証明する書類  ※下記のいずれか1つでOK

・住民票(コピー不可、6か月以内のもの)  ・外国人登録証明書

・健康保険証  ・印鑑登録証明書  ・住基カード(住所記載のもの)

・公共料金の領収書 ・消印付はがき

2.運転免許証

<他の都道府県内へ転入の場合 必要なもの>

1.住所を証明する書類  ※下記のいずれか1つでOK

・住民票(コピー不可、6か月以内のもの)  ・外国人登録証明書

・健康保険証  ・印鑑登録証明書  ・住基カード(住所記載のもの)

・公共料金の領収書 ・消印付はがき

2.写真1枚(縦3×横2.4㎝で6か月以内のもの、上三分身で無帽、正面、無背景)

※必要ない場合もあるので、必ず事前に確認して下さい。この写真は申請用なので、

免許証の写真が変わるわけではありません。

3.運転免許証

Sponsored link