伊勢神宮

伊勢神宮は天照大神(アマテラスオオミカミ)という

神様が祀(まつ)られています。

天照大神は日本の神様の中で

最高の位置にいる神様なのです。

その神様を祀る伊勢神宮なので、

全国神社の中の頂点に立つ神社と言っても良いでしょう。

 

スポンサードリンク

 

 

伊勢神宮には天照大神を祀っている内宮(ないぐう)と、

豊受大御神(とようけおおみかみ)を祀っている外宮(げくう)があり、

2つは別々に立地されています

2つの距離はおよそ5.5Kmです。

内宮の方が賑わいがあります

 

伊勢神宮は2015年3月、

3年に及ぶ式年遷宮(20年に1度の行事です)が終了し、

2016年新年は新しい気持ちで新年を迎える年となります。

 

昔から「お伊勢参りは一生に一度は行かねば!」と

江戸時代には何度もブームがきたほどです。

現代でも人々にその気持ちは衰えていません。

 

ぜひ一度は『これが神社?と言わせるような神社、

伊勢神宮を参拝してみては?』どうでしょうか。

 

ひとまず東京を出発起点にした

アクセス手段を調べて見ました。

 

  • マイカー利用

東京でも地域によって高速道路IC(インターチェンジ)に

乗る場所が違いますが、

ここでは他の交通手段との比較から

東京駅周辺から伊勢路に向かう前提で調べました。

 

アクセス概要

 

★ルート:首都高速道路(日本橋IC)⇒東名高速道路(御殿場JCT)⇒

新東名高速道路(三ヶ日JCT)⇒東名高速道路(豊田JCT)⇒

伊勢湾岸自動車道(四日市JCT)⇒東名阪自動車道(伊勢関IC)⇒

伊勢自動車道(伊勢IC)    総延長距離:444km

 

★高速料金(普通車):10,900円(ETC利用の有無で変わりません)

但し、0時~4時の深夜割引:7,060円 ;

休日割引:7,320円

 

★概略所要時間:5時間20分(一部トイレ・休憩30分含みます)

 

  • 公共交通機関利用

1)電車:新幹線のぞみ(名古屋乗り換え)⇒

近鉄特急(伊勢市駅下車)⇒JR関西本線(伊勢市駅下車)

  1. 料金:13,270円  所要時間:3時間10分
  2. 料金:12,830円  所要時間:3時間10分

 

このように金額に差がありますが、

名古屋から近鉄を利用するか、

JR快速を利用するかの違いです。

 

値段が高い分、近鉄特急が

“利便性”・“乗り心地”で優れているといえます。

 

2)電車:JR在来線で、青春18きっぷ(*)利用(東京⇒名古屋⇒伊勢市)

(*):発売期間・利用期間が限られていますが、

年齢に関係なく1日以内なら1回分で利用できます

販売価格は5回(人)分セットで11、500円、

余ればチケットショップで買取ってくれます

 

使用例:

東京(5:20)⇒ 沼津(7:27)

沼津(7:31)⇒ 静岡(8:29)

静岡(8:30)⇒ 浜松(9:42)

浜松(9:44)⇒ 名古屋(11:13)

名古屋(11:37)⇒ 伊勢市(13:07)

料金:2,300円、

所要時間:7時間47分ということになります。

 

伊勢市駅は外宮の最寄(もより)駅、

五十鈴川駅は内宮の最寄駅になります。

外宮と内宮の距離は5.5Kmで、

歩けば1時間ほど掛かります。

その間を三重交通バスが片道410円で運行しています。

 

  • 観光ツアーバスの利用

式年遷宮が行われた2013年から

多くのバス観光のツアー組まれるようになりました。

 

東京から夜行日帰りで9,800円

(毎週金曜日、祝祭日の前日出発)からあります(*)。

 

添乗員も同行し、

伊勢神宮以外の観光地を巡ってこの価格です。

(*):四季の旅 バスツアー

 

その他、クラブツーリズムのバスツアーは

1泊2日で伊勢神宮を主として周辺観光しながら、

4食付・添乗員付きで、24,900円からあります。

高価に見えますが豪華食事しながら、

立派なホテル宿泊でこの価格、お得ではないでしょうか?

 

Sponsored link