沖縄本島南部のおすすめビーチと特徴をご紹介♪画像あり!

沖縄旅行の定番は美ら海水族館ですが、

せっかくですので実際の海も楽しみたいですね。

 

泳いだり、ダイビングなどのマリンスポーツをしたり、

浜辺でバーベキューも楽しいですね。

 

スポンサードリンク

 

地元の人のはもっぱら浜辺でバーベキュー。

アメリカ軍占領下の影響で、浜辺でのバーベキューパーティーのことを

沖縄では「ビーチパーリィ」と言っていました。

 

とは言っても、最近の若い人は普通に

「バーベキューパーティー」か「ビーチで飲み会」って

言いますけど…

 

沖縄のビーチとは言っても、すべてがマリンブルーの海に

白い砂浜ではありません。

 

沖縄はサンゴ礁に囲まれた島ですので、

自然のビーチの海辺は鋭く尖っている琉球石灰岩、

あるいは風化したサンゴに覆われています。

 

また、葉っぱが細長く周囲がギザギザしている

「アダンの木」が生い茂っているのも

自然のビーチの特徴でもあります。

 

パイナップルに似た気がぶら下がっていますが、

食べられませんので要注意!

 

さらさらとした砂浜があり、周辺が整備された

ビーチのほとんどは人工のビーチです。

 

 

自然のビーチの特徴

ありのままの沖縄の海が堪能できる。

 

カニや小さな魚などもいて、

特に禁止されていなければ釣りもOK。

 

特に管理されていないので、

時間を気にすることなく訪れることができる。

バーベキューをする場合は、コンロや鉄板、

食材もすべて自分で用意する必要がある。

 

海辺はゴツゴツして歩きにくい。

 

岩の隙間に危険な生物が潜んでいる場合も。

 

サンダルも危険、スニーカーまたは

アクアシューズが必須。

 

泳ぐと危険な場合もあり、

ハブクラゲ対策などもされていない。

 

ライフセーバーや管理事務所もないので、

万が一怪我や溺れた場合でも自分で

何とかしなければならない。

 

トイレもないビーチもある。

 

 

人工ビーチの特徴

砂浜が平坦で歩きやすい。

 

遊泳区域にはハブクラゲ避けネットが

されているので、安心して泳ぐことができる。

 

夏場はライフセーバーがいる。

 

管理事務所があり、トイレ、シャワー、コインロッカーも

完備されているビーチが多い。

 

パラソルや浮き輪の貸出サービス、

売店や飲食店もあるビーチもある。

 

バーベキューをする場合は、コンロや鉄板などは

持ち込みは禁止で必ず管理事務所からレンタルする必要がある。

 

中には食材も管理事務所から買わなければならない場合もある。

 

強烈な日光により、砂浜はとんでもなく暑い。

 

サンゴの欠片も多いのでサンダル必須。

完全に管理されているビーチなので、

開放時間外は閉鎖されている。

 

ペット、自転車、花火は禁止のビーチが多い。

 

シュノーケリング禁止のビーチも多い。

 

遊泳できる区域が限られている。

 

 

それぞれに長所や短所がありますので、

遊ぶ目的に合わせて行くビーチを決めると良いですね。

 

 

 

沖縄本島南部おすすめビーチは

沖縄旅行者がビーチで遊ぶとなると、名護や恩納村など北部へ向かう人が多いのですが、沖縄本島南部にも楽しめるおすすめのビーチはたくさんあります。

 

那覇空港から高速を使わなくても20分から30分行けるビーチがあるのが、南部のビーチの魅力ですね。

 

瀬長島ビーチ

那覇空港のすぐ隣にある瀬長島。

着陸中に見ることもできます。

 

那覇空港周辺でレンタカーを借りたら

すぐに行くことができます。

ビーチは遠浅で、干潮の時はかなり遠くまで

歩いて行くことができます。

泳ぐよりも浜辺でバーベキューをしたり、

ヤドカリや小魚と戯れるのに向いているビーチ。

 

着陸態勢の飛行機がかなり飛んでいますので、

飛行機好きの人の絶好の撮影ポイントにもなっています。

 

カフェやバッティングセンター、ゲームセンターの他、

最近ではホテル「琉球温泉 瀬長島ホテル」がオープンし、

瀬長島ホテルと中心に新しいリゾート「ウミカジテラス」の開発が

さらに進んでいます。

1

http://d2goguvysdoarq.cloudfront.net/system/facility_photos/photos/7021/normal.jpg?1365966932

2

 

http://date-okinawa.com/wp-content/uploads/2013/06/P1020662.jpg

3

http://www.okitour.net/sightseeing/tatsujin/00074/img/tat_main.jpg

 

 

奥武島

那覇空港から那覇東バイパスを通り、

国道329号線を経由して県道48号線を南城市向きおよそ55分。

 

沖縄本島の南東部の南城市は玉城にある

奥武島橋を渡ると奥武島という小さな島があります。

 

奥武島の遊泳できるビーチは小さいですが、

透明な海と砂浜にはテンション上がること間違いなし。

 

砂浜にはシオマネキなどの珍しいカニもいます。

グラスボートで、奥武島の沖へ言ってみるのも良いですね。

 

そして、奥武島の名物はてんぷら。

沖縄のてんぷらは衣が厚く、料亭で出されるような

高級料理ではなく、ホットスナック的な立ち位置。

 

沖縄の人も奥武島まで駆けつけ、お昼時は連日

てんぷら屋さんの前に列をなします。

透明な海を眺めながら食べるてんぷらは最高ですよ。

 

おすすめはイカともずくです。

 

歴史あるお寺もあり、南部散策、

パワースポット巡りの帰りに訪れる観光客も少なくありません。

4

http://www.okinawastory.jp/mahaeblog/wp-content/uploads/2015/07/oujima32.jpg

5

http://img05.ti-da.net/usr/y/a/s/yasuyasu/IMG_9084.JPG

 

 

 

あざまサンサンビーチ

那覇空港から那覇空港自動車道路(無料区間)に乗り、

県道86号線を南城市知念方面へおよそ60分。

 

那覇空港のほぼ真横にある人工ビーチ。

神の島と言われている久高島を遠望することができます。

人工ビーチですので、遊泳区域の安全も万全。

 

バナナボートやマリンジェットなどのマリンスポーツも楽しめます。

 

バリアフリーも完備されていますし、介助犬もOK。

泳いでもヨシ、マリンスポーツやビーチバレーに興じてもヨシ、

まったりと久高島を眺めるのもヨシ、

とアクティブ派ものんびり派も満足のビーチでしょう。

 

ビーチが利用できるのは3月から10月まで

(遊泳可能なのは4月から9月まで)。

時間は10時から6時。

駐車料金500円、シャワー使用料が5分200円かかります。

 

ビーチベッドやパラソル、バーベキュー一式(食材込)も

貸出しています。

 

バーベキュー当日予約もでき、手ぶらで遊びに行けちゃいます。

 

ですが、マリンスポーツは基本的に前日予約が必要です。

098-948-3521

 

バナナボート 1人1000円

ビッグマーブル 1人1500円

ハーフパイプ 1人1500円 すべて10分

フライボード 初回30分 7000円 2回目以降15分 4000円

ウェイクボード初心者25分 3500円 経験者10分 2500円

6

http://www.umikaji43.com/img1139.jpg

7

http://www.odnsym.com/images/azamab01.jpg

 

美々ビーチ

那覇空港から国道331号線を糸満向けにおよそ30分。

南へほぼまっすぐです。

 

これで「ビビビーチ」と読みます。

ちょっと変わった名前ですよね。

美々ビーチのある糸満市西崎そのものが埋立地で、

アクセスしやすいのが魅力ですね。

遊泳出来る期間も4月から10月半ばと長めです。

 

ビーチ自体広いので、泳ぐ人からバーベキューを

楽しむ団体客まで、たくさんの人が訪れます。

 

地元の人からも人気が高いビーチなのですよ。

 

マリンスポーツももちろんあります。

予約は098-994-1419まで。

 

ウォーターバード 1人8100円 子供7020円

シーカヤック シングル1800円〜

ビッグマーブル 1人2000円

バナナボード 1人1500円

水上バイク 1人2500円

シュノーケリング 1人5040円

 

シュノーケリングや水上バイクなどが

4つセットになったマリンスポーツ4パック(7560円)が人気です。

 

危険が伴うマリンスポーツには、インストラクターが

付いているので安心して楽しめますね。

 

バーベキューは当日予約が可能です。

 

沖縄の人工ビーチは、泳ぐよりもマリンスポーツや

バーベキューに力を入れているところが

ほとんどのようです。

 

ちなみに、駐車料金が終日500円、シャワー200円、

ロッカー200円、その他ビーチアイテムなど

それぞれ施設使用料やレンタル料がかかります。

8

http://www.goyah.net/upfile/okinawa_beach/bibibeach_pic.jpg

9

http://www.rado.co.jp/oka/optour/img/entry/DSC_6078.jpg

Sponsored link