• 投稿 2015/02/27
  • 行事
卒園式・卒業式ママの服装でNGなのは?ヘアスタイルと簡単コサージュ!

春は卒業のシーズンですね。皆さんは卒業というとどんな思い出がありますか?

お子さんがいるご家庭は、卒業と入学は一大イベントですね。

そろそろ準備をしているママ達も多いのではないでしょうか。

卒園・卒業式は式典ですので、服装はフォーマルな格好がふさわしいといえます。

のオススメの着こなし、マナーなどを紹介しましょう。

 

スポンサードリンク

 

ママの服装は?

卒業式は「お別れ」や、お世話になった先生方に「感謝」の気持ちをさりげなく表現するのに

ダークカラーのファッションがふさわしいといわれています。

卒業シーズンに合わせてお店では、ネイビーやグレー、ブラックのフォーマルスーツが

並んでいます。落ち着いた色のアイボリーやクリーム色など、ホワイト系でもOKです。

ブラックは、喪服としても着回しができますが、アクセサリーやコサージュで「喪」のイメージを

出さないようにする配慮が大切です。

ネイビーのジャケットやスカートは一着あると、とても便利です。

卒園卒業式はもちろん、七五三、学校の個人面談や保護者会など、さまざまなシーンで活躍します。

ネイビー×ホワイトでミックスするのもおすすめ。中に着るブラウスやスカートをホワイト系に

変えるだけで、コーディネートのパターンも広がります。

 

アクセサリーなど小物は?

ネックレス・コサージュ・ヘアアクセサリーなど小物の色は、ピンクやアイボリー、クリーム色など

淡いオフホワイト系がオススメです。

 

NGな服装は?

おごそこな式典ですので、目立つ色の服装(ショッキングピンクやイエローなど)は、NGです。

あくまでもお子さんの門出を祝う式典、派手で目立つ服装はいけません。

 

レンタルした場合は?

今はレンタルできるネットのお店も多くあります。洋服の種類、レンタル日数により、価格は

違ってきます。ネットでレンタルするケースでは、発送してもらう(1日目)→到着して使用する

(2日目)→返送する(3日目)と、最低3日間のレンタル料金が発生します。

レンタル料金は、3日間でおおよそ7,000円~10,000円。これにコサージュや、バッグ、靴などの

小物をつけると、別料金がかかります。どんな服があるのか、一度チェックしてみるのも。

 

 

 

おすすめヘアスタイル

普段とは違うフォーマルな服装しているのですから、髪型にも気を使いましょう。

清潔感があり、式典に見合ったヘアスタイルがいいですね。

※ボリュームを出して髪を高く盛ったりするのはNGです。

美容院でセットしてもらうのもいいですが、多くの卒業式は午前中9~10時台に始まるので、

早朝に美容院に出向かないといけません。自宅でセットする人も多いでしょう。

☆自宅でヘアアレンジ☆

ホットカーラーやヘアアイロンを使って、毛先を内側にカールするだけでも雰囲気が全然

違います。

ロングヘアの人は、毛束を後ろに巻いてバレッタで留めたり、サイドをねじってシュシュで結ぶ

など、ヘアアクセサリーを使って、ワンポイントで華やかさを出しましょう。

 

 

簡単☆手作りコサージュの作り方

材料は100円ショップの手芸コーナーなどで揃えられます。

材料を揃える前に、色やデザインなど完成をイメージしておきましょう。

<材料>

・造花 小さいものなら2個

・ビーズ 7~8個

・ワイヤー 30cm位

・リボンやレース

・ブローチ台

・ボンド(金具・金属接着用)

 

1.造花の花びらをばらして、コサージュにするための花びらの順番を決めます。

2.花の中央部分の飾りを作ります。

1個目のビーズをワイヤーの真ん中にくるように通します。ビーズを回して7mm位ワイヤーを

ねじります。2個目も通し7mm位またねじります。同様に最後のビーズまでやります。

3.2のワイヤーの先2本一緒に、1の花びらの中央から順番に通していきます。

4.リボンやレースで、花より大き目のリボンの形を作ります。(輪っかを作って、中央部分に

2つ折りにしたものをたらします)リボンとレースを重ねて作るのもオススメ。

5.花の裏側に、4で作ったリボンの中心にワイヤーを通し、1cm位ねじってカットします。

ペンチなどで、ワイヤーが飛び出さないように折り曲げます。

6.ブローチ台にボンドをつけ、花を接着して完成!

接着具合が安定するまで時間をおきましょう。

 

★100円ショップ・手芸店には、キラキラの粉末パウダーや、水滴風の小さなデコシールなども

売っています。これらを花びらにつけたりして、自分なりにアレンジして作るのもいいですね。

 

 

Sponsored link