しめ縄の意味とは?いつからいつまで飾る?簡単な作り方と処分方法ご紹介♪

毎年、大掃除のあとに玄関にしめ縄を飾りますが、

その意味を知っている人は

あまりいないのではないでしょうか。

 

スポンサードリンク

 

それに、いつ飾っていつはずすのか、

そしてはずしたあとはどうしたらいいのか。

毎年やっているけど、

よく知らなかった疑問を一気に解決しましょう。

 

しめ縄はどういう意味を持っているのでしょう

もともと《しめ縄》というのは、

『神事の神聖な場所と

日常の俗世界を区別するために張る縄』です。

 

神様がおられる場所を

外界から隔てる結界ということですね。

 

そういうところから、

新年に家の中に悪い気が入らないように、

いわゆる魔よけのために、

家の出入り口などに飾るようになったそうです。

 

大掃除がすんだら玄関に飾るのですが、

『掃除も済んで、

神様をまつるのにふさわしい場所になりました』

というのを示す意味もあります。

 

そのため、

飾るのはいつからがいいかというと、

年末のだいたい28日をめどに

(それまでに大掃除が終わっていればいいのですが…)

 

いつまで飾っておくのかというと、

松の内が過ぎてから1月7日前後といわれます。

はずす時期については

お住いの地域によって違いがありますから、

近くの神社などで聞いてみるといいでしょう。

 

飾るのは29日と31日は避けましょう。

29日は29の読みが《にじゅうく》で

《二重苦》につながるとか、

 

29日は九松といって

《苦待つ》につながるなど

あまりよくない日のようです。

 

31日は一夜飾りになるのでよくないということですよ。

 

はずしたあとはどうしたらいいのでしょう。

お住いの地域で《どんど焼き(左義長)》

やっているようなら、

そこに持っていって燃やしてもらいます。

 

そういう行事がなければ、

神社に持っていきましょう。

神社によっては神社で買ったしめ縄しか

預かってくれないところもありますから、

よく調べていきましょう。

 

それもできなければ、

家庭の燃えるごみで出すしかないのですが、

そのまま出すのではなくきちんと紙で包んだりして

他のごみと一緒にならないように工夫しましょうね。

 

簡単なしめ縄の作り方

まずはわらを準備します。

ホームセンタ―に売ってあるところもあります。

農家に知り合いがあれば、譲ってもらうといいですね。

 

わらを準備したら、

前日に水をかけビニール袋などに入れて

水分を持たせておきます。

こうすることでわらを柔らかくし、

手になじみ扱いやすくなります。

 

 次に

・わらをきれいに整えます。

 

・水を含んで柔らかくなったわらを、

木づちなどでたたき柔らかくします。

 

・30本(または20本)の束を3つ作り、

それぞれ根元をゴムやひもなどで結んでおきます。

 

これからいよいよ縄を作っていきます。

・2つの束の根元を結び、

それぞれ左巻きで縒っていきます。

この時点で根元を結ばれた2本の細い縄ができています。

 

・縒りあげた2本の細い縄を左巻きで縒っていきます。

 

・縒り上げた先をひもで結び、とけてしまわないようにします。

 

・残りの1束を左縒りにします。

 

・2束で縒り上げたものに、縒った1本を

加え左巻きで縒ります。

2目飛びで、自然とより合わさります。

 

・飛び出したところを切って、きれいに整えます。

 

・輪にして縛ります。

木の実や葉(ユズリハ、万両、橙、ネズミモチ、お米など)をつけて完成です。

 

しめ縄につける縁起物

『紙垂(かみしで)』神様が降臨されたことを表します。

また、稲穂が垂れ下がった形を表すことから、

稲の力強さを表しているともいわれます。

 

『裏白(うらじろ)』清廉潔白を表します。

 

『橙(だいだい)』代々栄えるようにという願いを表します。

また、熟しても木から落ちないということから

繁栄の願いを表します。

 

『杠葉(ゆずりは)』親が子に代を譲って家系を絶やさず、

子孫繁栄をという願いを表します。

代表的なものはこれくらいですが、

他にも地方によって飾るものが違うでしょう。

よく調べて自分で作ってみると

より楽しい年が迎えられるかもしれませんよ。

Sponsored link