お年玉意味と由来は?相場はいくら?贈与税はかかるのか調べました♪

年末に近づいてくると、

何かとお金の心配をしなければならなくなりますね。

年賀状、大掃除、おせち料理、

そして『お年玉』です。

 

とりわけ親類の子どもさんが多いと

その金額も大変なものになります。

それにたくさんの新札も必要になりますね。

 

最近は金額の相場を見ても

だいぶ高くなってきているようです。

 

スポンサードリンク

 

こんな大変な『お年玉』って

そもそもどうやって始まったのでしょうか。

そして、今どきのお年玉の相場はいくらくらいなのでしょう。

 

お年玉の由来ってお餅を分けていた?

そもそもお正月の一連の行事は、

《歳神様》を家に迎え入れて

おもてなしをしてまた送り出すというものです。

 

大掃除をしてしめ縄を飾り

《歳神様がいつ来られてもいいように

家をきれいにしましたから、

どうぞこのしめ縄の内側にいらしてください》

という気持ちを表します。

 

《歳神様》がいらしてからの

依り代となる《鏡餅》を飾ります。

その準備が整って、

元旦になると《歳神様》が家にお越しになり、

鏡餅に宿られます

この《歳神様》とは、

〔稲や実りの神様〕であり

〔年を司る神様〕でもあり、

〔一年の幸福と恵みをもたらす〕ために

各家庭に来られるのです。

 

その《歳神様》の魂が宿った鏡餅を、

家長が家族に分けて

〔一年の幸福と恵み〕を

それぞれに渡し与えていたものが

お年玉の始まりなのです。

 

渡された鏡餅はお雑煮に入れて、

〔一年の幸福と恵み〕を

身体に取り込んでいました

 

現在のように金品を贈るものを指す

言葉として使われるようになったのは

室町時代よりもあととされています。

 

さて、いくらくらい渡したらいいのでしょう

まず、みなさんは

何歳くらいの子どもから渡していますか?

いろいろな調査から、

誕生から社会人になるまでというのが

最長のようです。

 

その中で一番多いのが

3歳くらいから大学生まで。

 

おおまかな相場は、

【未就学児】が500円~1,000円、

【小学生(低学年)】が1,000円~3,000円、

【小学生(高学年)】が3,000円~5,000円、

【中学生】が3,000円~5,000円で

【高校生】が5,000円~10,000ということです。

 

中学生、高校生の相場は少し幅があり、

家庭の経済状況によって

もっと多いこともあるようです。

同じような年の子どもたちが

たくさん集まるような場合は、

親類間で取り決めをして

金額の差を作らないようにしておく方が

面倒がなくていいかもしれませんね。

 

たくさんあげると贈与税がかかるって?!

普通にやり取りする程度では

まったく心配はありませんが、

110万円を超えてしまうと

贈与税が課税されます

 

普通の感覚では

100万円以上もお年玉を

あげることはないでしょうが、

大きなお祝いとして

一度にあげるときには一応頭にいれておくといいでしょう。

 

この110万円というのは

もらった側の金額ですから、

2人から100万円ずつもらうと

もちろん200万円になり

贈与税の課税対象になってしまいます。

 

しかし、10,000円を120人からもらって

120万円になった場合には

【年末年始の贈答などで〔社会通念上相当〕と

認められるものは、

そもそも贈与税の対象外であるという規定】が

ありますから、

課税対象にはならないことになります。

 

結論としては、通常のお年玉では

贈与税はかからないということですね。

 

お年玉の由来を知り、

年齢に対して多すぎず少なすぎずという

金額をしっかりと考えて、

次回のお年玉を渡してみましょう。

 

ポチ袋に一言メッセージを書くと

子どもたちもいっそう喜んでくれるかもしれませんね。

Sponsored link