秩父夜祭り2015日程と花火の時間!見どころとアクセス方法は?

「秩父夜祭」は、埼玉県西部の秩父市にある

秩父神社の300年以上続く例大祭で、

毎年12月1日から6日に開催されます。

 

スポンサードリンク

 

勇壮な屋台ばやしが響く中、

豪華な装飾の施された笠鉾(かさぼこ)・屋台の山車(だし)の

曳(ひ)き廻しがなされ、

それに、屋台芝居に曳き踊りなどが加わります。

 

大祭の前日12月2日が“宵宮(よいのみや)”、

当日12月3日の“大祭”が祭りのメインイベントです

 

「秩父夜祭」は国内でも有名な

曳山祭(ひきやままつり)で、

「京都の祇園(ぎおん)祭」、「飛騨(ひだ)の高山祭」と並び

日本三大曳山祭と呼ばれることもあります

 

秩父夜祭のお祭りで登場する山車の笠鉾・屋台は、

重要有形民俗文化財に指定され、

“秩父屋台囃子(ばやし)”や

屋台上で演じられる“秩父歌舞伎”、

“曳踊り”等の一連の行事は、

重要無形民俗文化財に指定されています。

 

凛(りん)と冷え込む師走の夜、

日本三大曳山祭の一つ「秩父夜祭」ツアーに

参加して楽しんでみてはいかがでしょうか?

 

「秩父夜祭」のイベント日程や見どころと

「秩父夜祭」ツアーを紹介します。

 

  • 「秩父夜祭」イベント日程

12月2日(水)「宵宮」

宵宮は前夜祭のことで、午後12時から21時までの開催です。

 

山車(だし)は4基出て、市内曳きまわしが行われ十分楽しめます。

あまり混雑しないので、迫力ある山車を間近で見ることできます。

 

メイン道路は山車が通るので、裏道に露店が出店しています

 

12月3日(木)「大祭」

12月3日の大祭は、朝から山車の曳きまわしが行われ、

6基の山車が勢ぞろいします。

ご神幸行列や6基の山車が

秩父神社を出発する午後7時過ぎから、

お旅所に到着するまでの午後10時頃までが

お祭りのピークとなります。

 

  • 「秩父夜祭」の一番の見どころ

山車巡行のハイライトは

何といっても12月3日20時頃からの

花火を背景に20トンもある山車を

“団子坂(だんござか)”という

25度の急な坂を曳きあげるところです。

 

“団子坂”をあがったところが“お旅所”になっており、

ここに4台の屋台と2台の笠鉾が集まる時がクライマックスです。

これをたっぷり見られるのは桟敷席だけです

 

ゆっくりとそして確実に

“団子坂の曳きあげと花火”を見たいのであれば、

桟敷席を申し込んだ方が良いでしょう

 

  • 「秩父夜祭」花火大会

一般に花火といえば夏の風物詩ですが、

ここでは日本では珍しい冬の花火大会で、

凛とした夜空に咲く満開の打ち上げ花火と、

光に照らされる山車行列の組み合わせが華やかです。

 

花火は秩父神社の南東1.5Kmの羊山公園から打ち上げられます。

 

宵宮の花火打ち上げ時間:19時頃~20時

大祭の花火打ち上げ時間:19時30分頃~22時

 

  • 秩父夜祭を楽に見る裏ワザ

祭りが佳境に入ると混雑が予想されるので、

早めの明るい内に行き、

案内所で「秩父夜祭ガイド案内図」をもらって

トイレの場所などを確認して、

早めの夕食を済ませておきます

 

混雑を避けてじっくり祭りを鑑賞するには、

*秩父神社で待って、

朝9時ころからお昼にかけて、

それぞれ豪華に飾り立てた

全ての笠鉾2基と屋台4基を、

間近でゆっくり見られます。

 

*12月3日大祭の午前中、

秩父神社前で各屋台が巡行の途中、

それぞれに決まった場所で曳行(えいこう)を止め、

舞台上では長唄の演奏と曳き踊りが披露されます。

日頃から練習を重ねた、

女の子たちの踊りは見事なものです。

 

*この他にも“秩父鉄道「秩父駅」前通り”や

秩父鉄道「御花畑」駅近くの“聖人通り”でも

笠鉾・屋台の曳行は見られます。

 

*大祭の羊山公園の花火は

国道140号線沿いから よく見られます。

 

*体力的に自信があれば、午後10時30分以降、

お旅所へ行けば、団子坂をのぼったすべての山車を見られます。

6基が一堂に勢ぞろいしている光景は、

絢爛豪華な絵巻物を見ている錯覚にとらわれます。

 

  • 秩父まつり会館

秩父まつり会館は、

「秩父夜祭」を資料や実演で紹介する展示館で、

秩父神社のすぐ前に建設されました。

最新技術を駆使した光と音の演出により、

「秩父夜祭」のハイライトが

大画面いっぱいに写し出されます。

 

また、山車や装飾などの資料を見ながら、

祭りの歴史を学ぶことができます。

時間があれば、あらかじめここで予備知識を仕入れて

本番を見るのも良いでしょう。

 

開館時間:10時~17時 (4月~11月は9時~17時)

料金:大人400円、小中学生200円

 

  • 交通・アクセス

東京方面からは池袋の西武線から特急レッドアロー号に乗れば、

80分で「西武秩父駅」に着きます

「西武秩父駅」から秩父神社まで徒歩15分、

秩父鉄道「御花畑駅」まで徒歩6分、

秩父鉄道「秩父駅」まで徒歩14分です

 

車の場合は関越自動車道「花園IC」を下車して

さらに30Km走行します。 

秩父市内駐車場に入るには渋滞・混雑が予想されます。

 

  • まとめ

師走の凛とした寒さの中の「秩父夜祭」、

日程、曳き山・花火の見所、混雑状況、

見学裏ワザ、交通アクセスについて、

解説しました。

Sponsored link