大正月と小正月

お正月に大正月(おおしょうがつ)と

小正月(こしょうがつ)があるって

知っていましたか?

 

スポンサードリンク

 

大正月は現在のお正月のこと、

小正月は1月15のことなのです。

 

なぜ小正月というのでしょう。

また小正月にはどんな行事があるのでしょうか。

そして、小正月に食べる特別な食べ物ってあるのでしょうか。

 

小正月について

1月15日なのですが、

どうしてこの日になったかというと、

それは暦に関係があります。

 

とても古い暦では

満月が月の始まりで

次の満月から翌月が始まるという流れでしたが、

中国から入ってきた新しい暦は

新月から月が始まるものでした。

 

日本では満月を大事にしてきましたから、

ちょうど新月と新月の間にある

満月の日の15日を

小正月として祝う風習ができたのです。

 

《大正月》では

年神様やご先祖様をお迎えしての行事を行いますが、

 

《小正月》は農耕に関することや家庭的な行事を行います。

 

小正月の行事について

小正月には、

豊作祈願吉凶占い悪霊祓いなどを行います。

 

また松の内には

忙しく立ち働いた女性たちへのねぎらい、

お嫁さんの里帰りなどもありました。

(関西の方ではこの小正月までを

松の内とする地域もあります)

 

具体的には、『餅花』(まゆ玉)

大正月から飾り豊作を祈願します。

 

飾った餅花は小正月の前日に下げた後、

悪霊祓いの行事であるどんど焼き(左義長)

焼いて食べて一年の無病息災を祈ります。

 

『餅花』とは餅や団子を

小さく丸めて木の枝にさしたもので、

綿を作る地方では綿にみたて、

養蚕が盛んな地方ではまゆにみたてて

(これはまゆ玉という)、

 

それぞれ綿がたくさん実りますように、

蚕がよくまゆを作ってくれますようにとの

願いをこめます。

 

また、

小正月の特別な食べ物として『小豆粥』があります。

15日に『小豆粥』を食べて一年の家族の健康を祈願するのです。

 

この小豆粥には11日に

鏡開きした鏡餅を入れて食べます。

これは固いものを食べて

《歯固め》する(歯を丈夫にする)と

考えられていたものです。

 

小豆粥ではその年の農作物の出来を占う

《粥占い》をする地域もあります。

その土地で取れる作物の数だけ竹筒を準備して、

神社など大釜で炊かれる小豆粥の中に入れ、

取り出したあと筒の中に入った小豆の数などで占うのだそうです。

 

地域によってさまざまな行事が

『庭田植え』といって、

東北地方でよく行われている行事です。

雪の庭にもみがらを蒔き松の葉などを苗にみたてて、

田植えのまねをすることで『五穀豊穣』を祈願するのです。

 

『もぐら打ち』は子どもたちが歌を歌いながら

縄や棒で地面をたたき、もぐらを追い払うもので、

これも豊作祈願につながりますね。

 

『なまはげ』も昔はこの小正月に行われていたそうですが、

最近では年末や年始に行われることが多くなったようです。

 

実は『元服』もこの15日行われていたので、

祝日法が改正になる前まではその名残で

1月15日が《成人の日》でしたね。

 

だんだん忘れ去られていく傾向にありますが、

先人が残してくれた大切な行事です。

由来を知り、少しずつでも

次世代につなげていけるといいですね。

Sponsored link