成人式3

成人式の振り袖はレンタル?

それとも購入しますか?

 

スポンサードリンク

 

成人式3-1

http://trend7.jp/wp-content/uploads/2014/11/kyotofurisodetop.jpg

代々受け継がれている振り袖があったら

それは素敵ですね。

 

さて、レンタルにせよ、仕立てるにせよ

値段は決して安いものではありません。

 

レンタルや仕立ての相場をしっかりと

チェックしてから予約しましょう。

 

振り袖の準備はレンタル、仕立て双方

早めの時期からしておきましょう。

 

遅いと希望の色や柄がレンタルまたは

仕立てられない可能性もあります。

 

 

成人式の振り袖の相場は?

 

振り袖の相場は、レンタルでは20万円ほどが相場です。

レンタルの場合は、単に振り袖だけのレンタルではなく、

髪飾りなどの小物、着付けにメイクの料金も含まれている

場合があります。

 

また、写真館でのレンタルの場合は写真撮影費や

フレームなどの費用も上乗せされ、30万または50万円ほどが

相場です。

 

振り袖を仕立てる予定の場合は、

およそ50万円が相場です。

 

振り袖に加え、帯や長襦袢、帯締めなどなど

振り袖を着るには多くの小物が必要になります。

 

最近の呉服屋も振り袖と小物とセットでの

販売をしているお店も増えましたが、小物とセットと表示のない

場合は、振り袖だけの値段を表示してある可能性があります。

 

小物が別売りの場合は、さらに10万円ほどプラスすると

考えた方が良いでしょう。

 

ですが、振り袖を一度仕立てると何度も着ることができます。

振り袖を何度も着る機会がある人は、仕立てても良いと

思います。

 

大切に保管していれば、娘や孫に受け継がせることも

できます。

 

呉服屋は、定期的に振り袖の展示会を行って

いますので、振り袖を仕立てる予定なら足を運んで

実際に振り袖を見ることをおすすめします。

 

また、最近の呉服屋も着付けサービスや

振り袖のクリーニングのサービスを行っている

お店もあります。

 

そう言ったアフターサービスも含めて

呉服屋さんを選ぶと良いですね。

成人式3-2

http://erishow.org/images//2011/04/P1010005.jpg

 

振り袖の人気の色は?

 

最近の振り袖の色や柄はバリエーションが

豊富ですね。

 

選べと言われても迷ってしまいます。

 

人気の色は、ピンク。次いで赤です。

女の子らしい色ですね。

 

ピンクは優しく、春らしい色合いで人気です。

淡いピンクや濃いめのピンクなどピンク系で揃えても

くどいどころかガーリーな雰囲気でとっても可愛いですね。

成人式3-3

http://tanaka-yuki.com/wp-content/uploads/2014/12/%E3%83%94%E3%83%B3%E3%82%AF%E3%81%AE%E6%88%90%E4%BA%BA%E5%BC%8F%E3%81%AE%E6%8C%AF%E8%A2%96.jpg

赤は厄除けの意味もあり、古くから根強い

人気の色です。

成人式3-4

http://xn--u9jz95li9h31hrrd.jp/wp-content/uploads/2015/01/489378dc9f613bf0d741bd39907bf3e4.jpg

オーソドックスかつ遊びも楽しみたいのなら、

赤系がおすすめです。

 

また、黒も人気の振り袖の色。

引き締まって見えるので、

どの体型にも映えますし、

クール系で行くなら断然黒でしょう。

成人式3-5

http://www3.yumeyakata.com/product_img/furisode/r577/r577-f-1s-220.jpg

他にも紫や黄色なども人気です。

成人式3-6

http://thumbnail.image.rakuten.co.jp/@0_mall/r-komachi/cabinet/furisode-suzuka/img58938394.jpg

成人式3-7

http://takuhainakao.com/pic-labo/nr82-2.jpg

どれが良いとか、しきたりなどがないのが

成人式の振り袖。

 

自分が納得の行く色や柄で

成人式に参加しましょう。

 

 

振り袖のレンタルや仕立ての時期は?

 

振り袖をレンタル予約する、もしくは仕立てる時期は

いつがベストなのでしょうか。

 

納得の行く振り袖を絶対に着たい、というこだわり派は、

写真館や貸衣装屋、もしくは呉服屋からの

ダイレクトメールが来てからでは遅いです。

 

ベストな時期は、ずばり成人式直後。

レンタルされた振り袖がすべて返却されるので、

選択肢が増え、予約するにはベストな時期と言えます。

 

サイズの面から言っても選択肢が多い方が良いのです。

前撮りも予定しているのなら、予約はできるだけ早めに。

 

遅くとも夏頃までには予約しておきましょう。

 

仕立ての場合も、同様に早めの準備が必要です。

仕立てるのに2ヶ月以上は必要になり、繁忙期ですとさらに

納期がかかり、また割増料金がかかる場合も考えられます。

 

呉服屋から新作の時期にダイレクトメールが

来ることもありますので、新作を希望するなら、

ダイレクトメールが来たらすぐに動きましょう。

 

お母さんやお祖母さんから受け継いだ振り袖を

仕立て直す場合もゆっくりするのはおすすめできません。

 

仕立て直しも染み抜きなどで新たに仕立てるよりも

時間がかかる場合があります。

 

呉服屋は秋から繁忙期になるので、成人式直後から夏までの

時期に予約しておくべきでしょう。

 

 

Sponsored link