門松の由来と意味は?作り方といつからいつまで飾るの?

近年正月に各 家々の門前に、

門松を飾る光景を殆ど見かけなくなりました。

あっても松の小枝・簡易しめ縄・水引の簡易セットです。

 

現代では商店街で大きな店舗・会社の事務所の前に

見かける位でしょうか?

 

スポンサードリンク

 

数は減ったものの、門松を作る職人がせわしく

働いている姿を見掛けると

『師走が来たなあ~、正月がもうすぐだ!』と実感できます。

 

日本の古き良き伝統を調べて、

後世に伝えるものは残していきたいと思い、

門松の風習」を通して

日本の正月がどんな意味を持つのか調べました

 

  • 門松の由来と意味

正月に迎える神を歳神(としがみ)様と言いました。

歳神様は豊作や・家内安全を守る神様で、

ご先祖様とも相(あい)通じています。

 

歳神様を年棚(としだな)とか恵方棚(えほうだな)を

新しく作って祭るのが普通の風習で、

今でも地方では行われています。

 

この歳神様が下界に降りてくる時の

“目標物”として考えられたのが門松なのです

 

日本では常緑樹の“常磐木(ときわぎ)”に

神様が宿ると信じられていたことから、

お正月に家の門に常盤木をお飾りし、神様を迎えました。

 

常盤木の中でも松は「祀(マツ)る」につながる樹木といわれました。

また古来の中国でも松は、

“生命力・不老長寿・繁栄の象徴”とされてきたこともあり、

正月に門松を飾る習慣となって根付いていきました

 

確かに 松をおめでたい樹として、日本の文化を象徴する樹木として、

能舞台には背景として必ず描かれていますね。

 

門松を飾る風習が文献に現れるのは平安時代後期です。

その後鎌倉時代以後になって、

松に竹を加えて門松とされるようになったとされています。

 

鎌倉時代末期の兼好法師の徒然草で“京の都の元旦の情景” を

“都大路には門松が立て連なって華やか”と書いています。

 

室町時代には一休和尚が詠(よ)んだ狂歌

門松は冥土の旅の一里塚、

めでたくもありめでたくもなし”は有名です。

 

  • 門松の形と作り方

門松の形にも、様々なものがあり、

関東と関西でも形が違います

「関東」:松は竹よりも低く竹の足元に挿しています

「関西」:松は竹よりも高く、竹を扇型に囲むように挿します

 

その他にも地方や習慣によって様々な形があるようです。

関西でも兵庫県西宮市の西宮神社では、

松を上下逆さまに挿した「逆さ門松」という風変わりな門松です。

これは、神様が降りてくる際に、

松の針葉が刺さらないように下に向けるのだそうです。

 

また青竹も斜めに切って3本の竹が「笑う門には福来り」の

イメージに繋がっているという説もあります。

一方全く斜めに切らず、水平に切った3本の竹を

組合わせる地方もあります。

  • 門松の飾る時期と撤去時期はいつ?

少なくとも12月29日は

“二重苦”のごろ合わせで絶対避けます。

また30日(旧暦の大晦日)・31日は、

一夜飾りと言って歓迎されません。

12月20日から28日の間に飾るようにします。

 

また門松を撤去する時期については、

日本歳時記に松の内は1月14~15日で、

その後1660年代江戸幕府から

“1月7日を以て飾り納めを指示する”通達が

江戸城下に発せられています。

 

それ以降関東では徐々1月7日までが

「松の内」になっていったと考えられます。

 

一方、江戸城下の通達に関係のなかった関西地方では、

今でも1月15日までを「松の内」として、15日に門松を撤去しています

 

  • まとめ

*正月に門松を飾る風習は古く平安時代からありました。

*元々門松は正月に神様が各家々に降臨する目印でした。

*松が常緑樹で縁起物だったので、松を主体にして、

さらに青竹が加わり、今の門松の形ができ上がっていきました。

*門松は12月20日~28日までに飾りつけを終わり、

松の内まで飾ります。

しかし今でも関東と関西では飾る期間が違います。

関東は1月7日、関西は15日というのが一般的です。

 

Sponsored link