卒業文集のネタと書き方!将来の夢や思い出の書き出しご紹介♪

まだまだ先だと思っていても、

あっという間に来てしまいます。

 

文集は作るのにも時間がかかりますから、

作文は早めに取りかかった方がいいですよね。

 

 

スポンサードリンク

 

作文が苦手な子は

特に早めに《テーマ》や《ネタ》を

考えておいた方がいいでしょう。

選ばれることが多いのは《思い出》と《将来の夢》のようです。

特に《思い出》はたくさんの行事から

テーマを絞っていく作業もありますから、大変です。

 

《将来の夢》を書いてみましょう

明確な夢のない子どもさんもいると思いますが、

夢を持っている子どもさんにとっては

書きやすいテーマだと思います。

しかし、ただ『私は(僕は)将来○○になりたいと思います』

だけでは作文になりませんよね。

なぜその職業につきたいのか

その職業についたら何をしたいのか

その職業のことをどうして知ったのか…などなど、

 

《将来なりたいもの自体》についての記述があると、

文章がふくらみます。

また、その職業につくために

これから自分がやれることはなにか、

夢を実現させるためにこれから

どんな努力をしようと考えているか

などを書き足すとよりよい作文になっていくでしょう。

 

《思い出》を書いてみましょう

小学校だと6年間通いますから、

《思い出》も多岐にわたっていると思われます。

『入学式』『クラス替え』『学習発表会』

『通知表』『運動会』『音楽会』『遠足』

『社会科見学』『修学旅行』などなど

本当にたくさんの行事がありますね。

 

行事でなくても『給食』や『授業参観』なども

テーマにはなります。

その中から一番印象に

残ったものをまず考えてみましょう。

 

考えついたら、

次はなぜその行事が一番印象に残ったのかを考えます。

 

するとその答えの中に

本当に書きたいテーマが見えてくると思います。

たとえば、

『友情』『努力』『(友だちや家族などの)やさしさ』『勇気』など、

作文の中心になる部分が

見えてきたらもうあとはどんどん書くだけですね。

 

書き方について

おおまかに3つの部分に分けてかんがえましょう。

  1. はじめ》《②なか》《③まとめ》です。

その中で②のなかは具体的な内容を書くのですが、

そこでまた3つくらいの内容を盛り込むと充実します。

 

たとえば《将来の夢》を書くときには

  1. はじめ》の部分では

『僕(私)には大きな夢があります。』などと

おおまかな書き出し

これから書いていく文章の内容を示唆します。

続けて具体的にどんな職業につきたいと思っているのか、

どんな人になりたいと思っているのかを書きます。

 

次に《②なか》で、

なぜその職業を選んだのかを

3つくらいの観点から書いていきます。

その職業を選んだ理由をいくつか、

その職業で自分はなにをやりたいのか、

なにができるのかなどを思っている通りに書きます。

 

最後に《③まとめ》で、

その夢をかなえるために

自分がこれからやろうと思っていること

夢をかなえるぞという強い思いを書いていきます。

 

このように、まず何を書きたいのかを考え、

それについてなぜ書きたいと思ったのかを考えることで、

自然とテーマが見えてきていい文章が書けるようになるでしょう。

 

文章を書くのが苦手な子どもさんも、

小学校時代や中学校時代の

最後の長い文章ですから、

しっかりした内容を書いてもらいたいですね。

10年後に読んだときに

その頃の自分がどう考えていたのかがよくわかるように。

Sponsored link