年賀状

秋の風が吹いたと思ってると、もう年の瀬。

年賀状発売中の文字を街中で見かけるようになります。

子供の頃から当たり前のように年賀状を出していた時代から、

ネット社会になってメールやLINEで

ご挨拶をするようになり、

新年のご挨拶の風習が変わりつつありますよね。

 

スポンサードリンク

 

年賀状をやめるとき、やめるタイミングを考えてみましょう

 

年に一度のご挨拶の年賀状。

もう何年も会っていないのに、

年賀状だけ出し続けて「今年こそ会おうね」なんて、

定番の文章を見ることが多いような気がします。

 

最近はfacebookなどで、

会っていなくても会った気分になり、

近況を知ることができますが、

実は年賀状だけのお付き合いを

やめたい人がいるのではないでしょうか?

 

年賀状を出すのをやめるとき、

やめるタイミングってどうしたらよいのでしょうか?

 

遠く離れていても、

年に一度くらいは近況を手紙で伝えたい相手には、

きちんと新年の挨拶をしたいし、

やめる必要なないと思いますが、

 

たとえば以前働いていた会社の方で

全く交流のない人とか、

懐かしい感じもないような方、

恩義がない方などには、

思い切って「出さない」と

決めてしまうのもひとつの手段かもしれないですよね。

もしくは、年賀状をやめて寒中見舞いに切り替えて

徐々に交流を断つという手もあるかと思います。

 

個人的には人の縁は不思議なものだと思うので、

縁ある限り面倒でも年賀状だけでも

出していくこともありかとは思いますが、

若い方ほど、

手軽なメールで挨拶の方が好まれるのでしょうね。

 

高齢になって億劫になる場合

 

縁ある方には、

せめてもの気持ちでと年賀状を出す方も

いらっしゃるでしょうが、

お中元、お歳暮といった日本の風習が

年々減ってきているような感じです。

 

生活スタイルが欧米化してきているので、

こたつに入ってみかんを食べながら

年賀状を書くような風景は少ないでしょう。

 

また高齢になれば、

手書きが面倒になってきて、

徐々に枚数を減らしている方もいるかと思います。

 

最近は印刷も安くできるようになってきたので、

一筆もいれずにすべて印刷で済ませてしまう方も

多いでしょうし、

年賀状のあり方を考えてみるよい機会になる場合もありますよね。

ネット社会で人と人のつながりが

電子的になってきた今だからこそ、

大切な方には是非手書きで新年のご挨拶をしてもらいたい。

これは個人的意見ですけど、

手書きの年賀状をもらったらうれしいですよね。

しかしながら、高齢の方は

だんだん億劫になってきてしまうのが現実だと思います。

 

年賀状をやめる場合の文例

高齢の方が年賀状をやめるときにはどのようにしたらよいでしょうか?

相手に対して失礼のないように、

また、ご縁はつないだまま年賀状を

失礼したい場合には、

以下のように一筆添えてみると相手に伝わると思います。

 

・私も高齢となり、先輩方(先人がた)に習い

誠に勝手ながら、年頭のご挨拶を本年をもちまして

ご遠慮させていただきたく存じます。

よろしくお願い申し上げます。

 

・私も高齢になり、手足の衰えを感じるようになりました。

毎年の年賀状も今年限りで失礼させていただきたいと思います。

誠に勝手ではございますが

今後も変わらぬお付き合いのほどお願い申し上げます。

 

 

ネットなどに様々な文例が出ておりますので参考にしてみるとよいと思います。

 

参考URL

http://yvryvr.com/2650.html

Sponsored link