先輩の経験から

今年の“就職試験解禁日”が

遅かった就職戦線をくぐり抜けて、

内定をもらい、

 

「いよいよ来春 社会人になる皆さん、

まずはおめでとう!」

といいましょう。

 

 

スポンサードリンク

 

 

気ままな学生生活を

送ってきた皆さんには、

仕事を通して、

その対価として定期的に収入を貰う』という

初めての経験になるのです。

 

学生時代のアルバイトで、

働くことの意義を感じとった皆さんですが、

正社員として社会人になると、

 

★無期の雇用契約なので、

会社の就業規則を守らなければいけません

 

★残業や休日出勤はもちろんのこと、

転勤・部署の異動など、

自分の意に添わない業務命令に従うことは当然です

 

どうです? “気楽な稼業”でありませんね!

 

しかし正社員だと社会保険や住宅手当、

資格手当など各種の手当があり、

会社が定めた福利厚生が受けられる、

願ってもない恩典があるのです

 

そこを踏まえて入社までに

『何が必要で、何を準備したらよいか、

またその費用はどのくらいか?』

一先輩の経験から、

男性新社会人になる人を念頭にお教えしましょう

 

  • 入社までに規則正しい生活リズムを取り戻そう

1)授業、卒論で最後の追込みに入る中、

少なくとも規則正しい就眠・起床を心掛けます

会社生活が始まって、“遅刻常習犯”の

レッテルを貼られたらもうNGです。

 

2)気になる体調不良・持病がある時は、

早めに病院で見て貰い治しておくことです。

会社生活では、最初の3カ月は

“先輩たちが新入社員の品定め”をしています。

働く意欲がみなぎっていることをアピールすることは、

後々の皆さんを見る目が違います。

病を抱えていると、心身とも他人から

フレッシュマンには見られません。

 

  • 入社までに準備・取りそろえる物は?

1)通勤・会社での生活に欠かせない物

*スーツ:

最低、春夏物と秋冬物の

2種類で1着ずつは用意したいもの、

リクルートスーツを代用しても構いません。

 

*ズボンプレッサー・エチケットブラシ:

ズボンはデスクワークが多いと、

しわができやすいものです。

帰宅したらズボンプレッサーにセットして、

毎日しわの無いズボンをはくように心掛けます。

上着の“ふけ”などの汚れは、

いつも持ち歩くエチッケットブラシで取除きます。

 

*ワイシャツ:

多忙で毎日洗濯できないことを考え、

5~7枚は用意します。

クリーニング店に出すのはお金がかかるので、

アイロン不要の形状記憶シャツが理想です。

色は白をベースに控えめなブルー系の

カラーシャツまでです。

ピンク系・はっきりしたストライプ系は、

先輩社員にアクが強い印象を与えてしまいます。

 

*ネクタイ:

10本程度は持って定期的に雰囲気を変えます。

1本1万円のネクタイ2本より、

1本2,000円を10本買う方を選びましょう。

ネクタイハンガーも忘れずに!

*革靴・ベルト:

それぞれ1足・1本でひとまず一先ず足ります。

靴は安物を履きつぶして買い替えるより、

将来的には履き心地の良い、

値段の高めの靴を2足交互に休ませ、

かつ修理しながら使う方が経済的です。

靴磨きは定期的にして下さい。

靴が汚れているのは貧相なものです。

 

*靴下・ハンカチ:

どちらも洗濯を週1回と考えますと

7~8セットは必用です。

靴下の色は白でなく、

紺・黒・茶・グレーが好ましいでしょう。

 

*腕時計:

スマホで代用するのは、

特に営業職の場合避けるべきです。

 

*小物類:

筆記用具と入れ物・メモ用紙・名刺入れ・

定期券ケース・印鑑・

折りたたみ傘は準備します。

 

*鞄(かばん):

A4サイズの書類が30枚程度・筆記用具・出張時のワイシャツ・

折りたたみ傘等が入る大きさは必用です。

毎日持ち歩くので、できるだけ軽い、

ショルダーにもなる鞄が良いでしょう。

 

上記1)

項目を取り揃えるのに、

概略予算として20万円~30万円は

見ておきましょう。

 

2)社員寮・借家での生活に必要な物

*電化製品:

学生時代使っていたもので使えるものは

出費を節約する為、使います。

冷蔵庫・炊飯器・電子レンジ・テレビ・

ラジオ・ポット・トースター・

洗濯機・暖房器具などが必要です。

量販店で単身者向け家電製品セットを求めるとお得です。

 

*居住品:

寝具・カーテン・テーブル・椅子・

洗面具などが必要です。

その他細々(こまごま)した

ティッシュー・トイレットペーパー・

洗剤等々忘れがちです。

 

上記2)項目を取り揃えるのに1)項同様、

概略予算として20万円~30万円は見ておきましょう。

 

借家の場合はさらに地域による賃料差もあります。

ワンルームでも建物のグレードに幅が有り、

契約時納める金額が25~45万円と言われています。

 

大都市の借家の場合、

敷金 1~3カ月、礼金 0~2カ月、

仲介手数料 0.5~1カ月、

日割り家賃 契約月の月末までの家賃、

前家賃 月の半ば頃の契約の場合には

翌月の家賃も契約時に払う、

火災保険料 1~2万円、鍵交換費 1~2万円、

消毒代 0.5~1.5万円

他共益費など

これらを合計すると上記のような数字になるのです。

 

ただ、借家を利用する金額は、

会社の福利厚生費から、

後日戻ってくる場合がありますので、

明細書・領収書は必ず保管しておいて下さい。

 

  • 費用概算

1)上記1)~2)項目で幅がありますが、

合せて40万円~60万円、

更に借家での単身生活になると

25~45万円上乗せされるのです。

 

2)その他入社してから、

さらに必要な物を購入することがあります。

 

3)初任給の支給日は月末もしくは1カ月遅れになります。

給料をもらうまでは生活費・

雑費等の出費がでます。

 

これらを考えますと借家に住まなくても、

トータル50~70万円は

初任給が手に入るまでは出費すると考え、

前もって貯(たくわ)えをしておくか、

両親と相談して借りるなど

考える必要があります。

 

  • まとめ

社会人になるために学業に励み頑張ってきましたが、

1)勤務先が自宅・社員寮から通える場合でも、

50~70万円は給料貰うまで準備する必要があります。

 

2)借家を手当てしなければならない場合は、

住む地域で大きな差はありますが、

更に25~45万円一時金を準備しなければなりません。

 

3)このように大変なお金が必要になることが分かるかと思います。

少しでも節約すべく

リサイクルショップの利用

仲間とのシェアハウスの活用など

知恵を絞った新社会人の一歩を

踏み出してほしいものです。

 

Sponsored link