おせち

おせち料理の《おせち》とは

いったいなんのことなのでしょうか。

 

 

スポンサードリンク

 

 

調べてみると古くは弥生時代からあるようで、

自然の恵みへの感謝から始まっているようですよ。

 

最近では自分で全部を準備することは

少なくなってきているようですが、

料理のひとつひとつに意味がありますから、

手近にできるものだけでもいいので

手作りしてみてはいかがでしょうか。

 

《おせち》とは。おせち料理の歴史と意味由来について

感じで書くと《御節料理》です。

《節》というのがありますが、

これは中国の暦で

《季節の変わり目》を意味するものです。

 

弥生時代にはすでに中国との交流があり

暦も伝わってきていたようです。

 

また、弥生時代はそれまでの狩猟から

稲作なども始まった頃ですね。

 

この暦で季節の変わり目を

《節》というのですが、

 

《おせち料理》は、

この《節》に自然の恵みに

感謝して作った料理が始まりだと

いわれています。

 

時代が進んでいくと、

宮中の行事として

年に五回の《節日(せちにち)》

(暦の上で節目にあたる日)に、

『邪気を祓う』

『長寿を神様に祈願する』などの目的で、

お供えをして宴を開くようになります。

 

その時に食べた料理は

《お節供(おせちく)》といって、

これが《おせち料理》の語源に

なっているともいわれています。

 

江戸時代になると、

宮中でおこなわれていた

この行事が庶民にも広まります。

 

幕府が定めた公式の式日の中に

五つの節日(せちにち)である

『五節句』

【1月7日の〔人日(じんじつ)〕・

3月3日の〔上巳(じょうし)〕・

5月5日の〔端午(たんご)・

7月7日の〔七夕(しちせき)〕・

9月9日の〔重陽(ちょうよう)〕】がありますが、

元旦の1月1日は節日の中では

最も重要であったため

この『五節句』の中には入れず

別格とされています。

 

そのおめでたい元旦に食べる料理として

定着していきました。

 

さらに、江戸時代の末期になると

それまではお皿にのせていた料理を

『重箱』に入れるようになります。

これは《福を重ねる》《幸せを重ねる》など

重なることにかけたものだということです。

 

ちなみに『おせち料理』と呼ばれるようになったのは

さらにずっとあとのことで、

第二次世界大戦後のことです。

 

おせち料理にはどういうものがあるのでしょうか

大きく分けて、

《祝い肴》《口取り》《酢の物》《焼き物》《煮物》があります。

 

《祝い肴》とは

お正月のお祝いに欠かせない三種類の料理のことで、

関東では【黒豆】【数の子】【田作り】といい、

関西では【黒豆】【数の子】【たたきごぼう】を

いうことが多いようです。

 

祝い肴三種とお餅でお正月が迎えられるとされていますが、

逆にいうとこれがなければ

お正月が迎えられない

(歳神様を迎えられない)ということになりますから、

とても大事な料理です。

お屠蘇を飲みながら食べられるものが多いようです。

 

《口取り》

お酒を飲めない子どもたちがつまんで食べるような、

甘いものが中心になります。

 

《酢の物》は、紅白なますや魚や

たこなどの酢漬けもありますね。

 

《焼き物》は、ぶりや鯛、

海老などをよくみますね。

 

《煮物》は、里芋やれんこんなど

縁起のいい野菜、またこんにゃく、

昆布の煮物も見かけます。

 

これらの料理を重箱につめるのですが、

それにもちゃんと決まりがあります。

 

ちなみに三段のお重では

一番上の《一の重》に

〔祝い肴〕〔口取り〕、

《二の重》には〔酢の物〕〔焼き物〕、

《三の重》に〔煮物〕をつめます。

四段や五段のお重には

《一の重》が〔祝い肴〕、

《二の重》には〔口取り〕〔酢の物〕、

《三の重》には〔海の幸〕〔焼き物〕

《与の重》には〔煮物〕、

《五の重》には何も入れず

『増える余地がある、余裕がある』ことを示します。

 

また四段めのことは「四」が「死」を連想させることから

「与」の字を使って《与の重》といいます。

 

それぞれの食材の意味は

黒豆…まめに働き(勤勉)

まめに暮らせますように(健康)という願い

 

数の子…子孫繁栄

 

田作り…豊作祈願・五穀豊穣

 

たたきごぼう…豊作祈願・五穀豊穣

 

海老…長寿の祈願

 

鯛…《めでたい》の語呂合わせから

ぶり…出世祈願

 

昆布…子孫繁栄

 

伊達巻…学問・習い事の成就(巻が書物に似ているから)

 

れんこん…先の見通しのきく一年を祈願

 

お多福豆…福がたくさん来るように

 

干し柿、梅干し…長寿(しわが老人を表している)

 

他にも多くの食材を使いますが、

お住いの地方によって

料理の方法や使う食材が多少違っていますから、

今のうちから年長者に尋ねてみるといいでしょう。

 

今年は自分なりのおせち料理で

歳神様をお迎えしてみると、

これまでとは違ったすばらしい一年が

やってくるかもしれませんね。

Sponsored link