こたつ

寒い冬には“こたつ”に入り込んで食事をしたり、

テレビを見ながらうたた寝し、

そのまま“こたつ”に潜(もぐ)り込んで、

寝てしまった経験はありませんか?

“こたつ”にいったん入ると

中々抜け出しにくいものです

 

 

スポンサードリンク

 

 

 

“こたつ”でうとうと寝てしまうと、

風邪をひくとよく先人から言われてきましたが、

実は科学的な理由があるのです

 

それを詳しく分かり易く説明しましょう。

 

  • “こたつ”に潜り込んで寝ると体はどうなる?

“こたつ”では下半身が常に

体温よりも高い温度で温められている状態、

一方上半身は部屋の温度と

同じで低い状態になっています。

 

つまり身体の体温が2つに分かれる

異常状態が続くことになるのです。

 

★短時間なら問題なく、

人間が持っている優れた体温調節機能が働いて、

体内酵素が活性化する

37℃前後に体温を保つように調整しています。

 

しかし朝まで寝込んでしまうと、

体の体温バランスを調整している自律神経に

異常をきたしてしまうのです

 

★普通、人間の体温は活動している昼間は体温が高く、

就寝(しゅうしん)しているときは、

体温が昼間より下がっています

実は適度の汗をかいて、

体温を下げて身体を休めているのです。

 

しかし“こたつ”で寝てしまうと、

特に下半身の体温が下げられない、

アンバランスの状態になってしまいます

 

★“こたつ”で寝てしまうと、

下半身が常に体温よりも高い温度で

温められている状態になります。

体温が高い分血流が促され、

汗を多くかきやすくなりますが、

眠っているので水分補給ができません。

 

身体は脱水状態になり、

喉(のど)の乾燥や、

脱水による自律神経の乱れで

疲労感などがでてしまいます

 

脱水状態は血液をどろどろにし、

心筋梗塞や脳梗塞になりやすい

危険な状態を作り出してしまいます

 

以上のような身体の変調で

“風邪をひきやすい環境”が整ってしまうのです

 

  • “こたつ”で寝て風邪をひかないようにするには?

今迄お話ししましたように、

「こたつで寝ると必ず風邪をひく」

と言うことではありません

 

“こたつ”で寝てしまうと

“こたつ”内の下半身の体温が上がって

身体の上下で体温差が大きくなってしまうと

お話ししました。

 

この体温差を大きくしないように

“こたつ”内の温度を体温+1~2℃にします。

さらに室温も25~27℃、湿度を45~55%に

設定しますとウイルスの活動が抑えられます。

(ウイルスは湿度40%以下、15~18℃以下と

比較的乾燥・寒冷環境下で増殖・活動的になりやすいのです

 

またうっかり寝ても大丈夫なように

ベストな対策とはいきませんが、

しっかり床に厚手のカーペットを敷いて、

その上に“こたつ”を置くと効果的です。

また肌がけもそばに置いておくと途中寒くなっても

肌がけを掛けられます。

 

冬の風邪予防は何と言っても

★食事、特にビタミンCの多い

イチゴ・キューイフルーツはお勧めです。

★ウイルスが侵入し易い口腔・鼻粘膜・咽頭を

室内調湿で適度に湿らせておくことです。

 

  • まとめ

寒い冬になると“こたつ”でうとうととして、

寝てしまいがちです。

確かに“こたつ”では、

睡魔(すいま)が襲うくらい気持ちがいいのです!

 

しかし、

 

★こたつで寝てしまうと体温調節ができず、

自律神経に異常をきたし、汗をかいて脱水状態になります。

その結果体調バランスが崩れてしまいます。

 

★乾燥状態を好む風邪のウイルスが

乾燥した口・鼻・喉から入りやすいのです。

 

★部屋の乾燥を防ぐため、

湿度の調整に心掛けてください。

 

Sponsored link