春一番とは?気象庁の基準は何?2015はなかった!

「春一番」とは季節の用語で、

北海道・東北・沖縄を除く地域で、

立春から春分(*)の間に

初めて吹く南寄りの強い風”をいいます。

 

 

スポンサードリンク

 

 

 

(*):立春・春分は暮らしの歳時記にある、

二十四節気を構成している節目で、

ちなみに2016年は

立春が2月4日、春分が3月20日です。

 

「春一番」をもう少し詳しく解説しましょう。

 

  • 春一番とは?

「春一番」と言う言葉は、

古く江戸時代から石川県能登地方

三重県志摩地方より西の船乗りが

すでに使っていました。

 

1859年長崎県五島沖に出漁した

漁師53名が春の嵐に遭遇し、

全員遭難したことから「春一」、「春一番」として

長崎県の漁師たちにも恐れられていました。

 

気象用語として使われ出したのは、

比較的新しく戦後になってからです。

「春一番」は気象台によって少しずつ定義が違います。

 

関東地方を管轄(かんかつ)する気象庁では、

以下の事項を基本にして総合的に判断して発表します

 

★立春から彼岸までの期間

★日本海に低気圧がある(発達すればなお理想的)

★東京で最大風速8m/秒の

東南東から西南西の強い風”が吹く

(関東内陸全体で強い南風が吹かなくてもよい

;風速とは10分間の平均風速)

気温が前日より高い

 

一方近畿地方を管轄する大阪管区気象台では

気温の表現”だけが微妙に東京と違っています

気温が前日“または平年”より高い

 

 

また“北海道・東北・沖縄を除く地域”と言いましたが、

 

本州でも

長野地方気象台では

★吹いてもまだ寒い時期がつづくため、

「春一番」の基準は設けておらず、

認定・発表することもありません。

 

甲府地方気象台では

★この時期に「春一番」にあたるような風が吹いても、

盆地という地形のため、風速8m/秒まで強くなることはなく、

特に基準を作ったり、認定していません。

 

  • 関東地方の「春一番」の記録

「春一番」の観測を始めたのは1951年(昭和26年)で、

今迄の記録の中で最も早い記録と最も遅い記録を探して見ますと、

最も早い記録は1988年(昭和63年)で2月5日

最も遅い記録は1972年(昭和47年)で3月20日

です。

 

ちなみに今年2015年は、

「春一番」は記録されませんでした

今まで「春一番」が吹かなかったことは

これまでに何度かあり珍しいことではありません。

 

さて来年の2016年はどうでしょうか?

気象庁が最近、“全国3カ月の長期予報”を

11月25日発表しました

それによりますと赤道付近の海水温が異常に高い、

“エルニーニョ現象”が強く表れ、

春先までは暖冬とのことです。

 

気象が地球温暖化の影響か、

少しずつ日本列島で亜熱帯地域が増えつつあり、

異常気象が多くなっています

 

2016年の「春一番」も異常気象の影響を受け、

今年と同じく“「春一番」が吹かない”かも知れませんね。

 

Sponsored link