大相撲の懸賞金1本の金額はいくら?手取りと過去最高額は?

2011年大相撲八百長問題が発覚し、

世間を騒がせた記憶があるかと思います。

何人かの力士が解雇(かいこ)され、

相撲界を去りました。

 

 

 

スポンサードリンク

 

 

 

その後、日本相撲協会・横綱白鵬以下力士の

ひたむきな努力で人気が復活し、

特に相撲好きの女子(“スージョ”と呼んでいます)が

増えたことが注目されます。

 

ここ数年景気が回復する兆(きざ)しが

出てきたこともあり、

相撲の“中入り後の取組”にかかる懸賞金が増えて、

相撲力士が仕切り中に、“呼び出し”が

スポンサーの企業名・商品名が書かれた懸賞旗(*)をもって

土俵のまわりを回る姿が、テレビで映し出されます

 

取組内容によっては多くの懸賞がかかり、

土俵を2周、3週と回ることもあります。

(*):懸賞旗は、スポンサー企業が制作して

持ち込むことになっています

 

また分厚い懸賞金の入った熨斗袋(のしぶくろ)を

片手では持ち切れず、両手で受け取る姿を見て、

一体どの位入っているのだろうと、

他人事とは言え気になりませんか?

 

一寸調べて見ましたら すごい!ことが分かりました

 

  • 懸賞金に関するルール

1)懸賞金

懸賞金は1回の取組で1本につき62,000円です

2014年3月場所まではそれが6万円でした。

景気の好転もあり2,000円アップしました。

 

62,000円の内訳は次のようになっています

5,300円:必要経費・相撲協会取り分

26,700円:納税充当金として、日本相撲協会が本人名義で

預り金として天引きし、

税金が払えない時はここから支払い、

余った分は引退時にまとめて渡されます

30,000円:熨斗袋に入っている1本あたりの手取り現金

 

2)企業の懸賞金の申込みルール

申し込みは原則として取組5日前まで、

取組指定は取り組み前日(千秋楽除く)の

14時までを期限としています。

 

3)相手力士が休場した時

相手力士が休場し、

不戦勝となった場合は

懸賞を受け取ることができません

 

この場合既にかけられていた懸賞については、

相撲協会が懸賞をかけた企業に連絡し、

同じ日の他の取組にかけ替えるか、

懸賞を取り止めるかのいずれかを選択してもらいます。

 

4)懸賞金の受け取り方

懸賞金は右手で、左⇒右⇒中央と“手刀”を切った後、

手刀を切った方の手(つまり片手)で受け取るのが普通でした

 

近年は1つの取組にかけられる懸賞金の本数が増えて、

熨斗袋の束が厚くなりました。

特に初日・14日目・千秋楽の横綱戦などでは

右手で手刀を切った後に、

両手で懸賞金を受け取る光景が見られるようになっています

 

  • 今までの最高懸賞金

1つの取組にかけられた懸賞の本数は、

長らく1964年(昭和39年)1月場所14日目の大鵬×栃ノ海、

千秋楽の栃ノ海×豊山の26本が最多でした。

2004年(平成16年)1月場所14日目の朝青龍×千代大海に、

27本の懸賞金がかけられて以降急増していきました。

 

一時の懸賞金本数制限の撤廃・景気の好転もあり、

今年の1月場所と9月場所に61本の懸賞金が付きました

*2015年、1月場所千秋楽:白鵬(○)×鶴竜(●)

*2015年、9月場所千秋楽:鶴竜(●)×照ノ富士(○)

 

この対戦で勝った力士は、わずか1分足らずで

3万円×61=183万円を手にしたのです!

ごっっつあんです!!

Sponsored link