旭川大学高校野球部メンバー2019出身中学は?注目選手エース能登嵩都!

目次

夏の甲子園2019に出場する北北海道代表
旭川大学高校野球部メンバー2019の出身中学と

旭川大学高校野球部注目選手の
エース能登嵩都をピックアップしたいと思います。

スポンサードリンク

旭川大学高校野球部メンバー2019の出身中学

1 能登 嵩都 投手 3 北海道 旭川神居中
2 持丸 泰輝 捕手 3 北海道 旭川永山中
3 加藤 新大 一塁手 3 北海道 旭川神居東中
4 富田 康太 二塁手 3 北海道 旭川永山南中
5 佐藤 一伎 三塁手 3 北海道 旭川北門中
6 菅原 礼央 遊撃手 3 北海道 旭川神楽中
7 鈴木 諒 左翼手 3 北海道 旭川東明中
8 脇田 悠牙 中堅手 3 北海道 旭川広陵中
9 樋口 唯斗 右翼手 3 北海道 旭川永山中
10 杉山 大晟 控え 3 北海道 旭川永山中
11 安孫子 楓汰 控え 3 北海道 名寄東中
12 安藤 駿吾 控え 3 北海道 豊富中
13 佐々木 崇文 控え 3 北海道 旭川神楽中
14 田村 泰雅 控え 2 北海道 旭川東陽中
15 棚田 颯樹 控え 3 北海道 旭川永山南中
16 原田 宗栄 控え 3 北海道 旭川東明中
17 木村 優翔 控え 3 北海道 旭川北門中
18 歌住 惇 控え 2 北海道 本別中

私立高校ですが18名全員が
北海道内中学の出身選手です。

旭川大学高校 2年連続9回目

旭川大高は夏の甲子園2年連続9回目の出場
昨年は1回戦で長野の佐久長聖と対戦。

終盤8回にキャプテン持丸の失策から逆転され
9回に追いつくものの

延長14回甲子園で初めて導入されたタイブレークから
失点4-5で初戦敗退しました。

失策をした持丸選手は雪辱を果たしたいと
チーム内で一番強い思いを持っています。

端場監督は監督として5回夏の甲子園に出場していますが
いまだに未勝利。チームも監督に初勝利をと大きな目標を
掲げています。

スポンサーリンク

チームスタイル

旭川大高は守備からリズムを作って攻撃に移るのがチームスタイル。
その名の通り、北北海道大会では6試合で1失策。守備は固い。
ただ、今年のチームは攻撃力もある。

攻撃力

打線はキャプテン持丸選手が中心。
地方大会では21打数9安打、打率.429 打点6ホームラン1本
長打力、勝負強さをあわせもつ。

昨年は4番を打っていた持丸選手ですが最近の流行の
一番いいバッターは2番ということなのか
予選は2番で出場。打席に立つ機会が増えチャンスが増えた。

新しい4番の脇田選手も大きく成長し、予選では
22打数10安打、10打点と持丸選手以上の活躍をみせた。

小柄な菅原選手もしぶといバッティングで侮れない。

チーム全体でも盗塁、犠打、犠飛と着実に加点していくという
試合巧者ぶりが目に付く。

投手力はエース能登 嵩都に注目

投手力は注目選手でもある
エース能登 嵩都が中心。
ストレートは140キロを超えるがそれ以上に
北北海道大会5試合に登板し2つしかない四死球が
評価が高い。

2番手の杉山投手も制球力がまし
1イニングい2点以上はとられない
試合を壊してしまう投手がいないのが目を見張る。

地方大会の成績

<旭川地区A 旭川地区2回戦>
旭川大 2 – 0 旭川西
杉山投手、能登投手の完封リレー

<旭川地区A 旭川地区代表決定戦>
旭川大 12 – 2 富良野緑峰 (7回コールド)
15安打で7回コールド。4番脇田選手は6打点。

<北北海道予選地方大会1回戦>
旭川大 4 – 0 釧路湖陵
能登投手完封。初回からリードを保つ。

<北北海道予選地方大会準々決勝>
旭川大 3 – 2 帯広北
終盤に勝ち越し、杉山投手が完投。

<北北海道予選地方大会準決勝>
旭川大 10 – 1 旭川北 (7回コールド)
足も絡めて中盤で試合を決める。

<北北海道予選地方大会決勝>
旭川大 9 – 0 クラーク国際
能登投手が無四死球で完封。11安打でクラーク国際を圧倒。

最後に

選手個々が考えて動けるチームになってきたと端場監督。

これまで初戦で負けてきた雪辱を果たせることができるか
旭川大高に注目しましょう。

スポンサーリンク

高校野球

Posted by wajo