五郎丸歩日本代表落ちした理由はなぜ?2019現在引退はしていないのか

目次

ワールドカップラグビー2019日本大会が
9月20日に開幕します。

日本代表は北海道網走で事前合宿をしており
いよいよ本番モードですが

前哨戦の試合や代表合宿に五郎丸歩選手が
参加しておりません。

スポンサードリンク

前回2015年のラグビーワールドカップでは
一躍時の人となった五郎丸歩選手がなぜ代表落ちしたのか
その理由と現在を調査していきたいと思います。

前回の大会でベストフィフティーンにも
選ばれスポーツ史上最大の番狂わせと言われた
南アフリカ共和国との一戦は
五郎丸歩選手がいなければ勝利はなかったくらいの存在感でしたが

その後はラグビー日本代表に選ばれることはなく
代表落ちをしております。

スポンサーリンク

代表落ちの一番の理由

今回の最終合宿にも選ばれておらず
代表落ちはほぼ確実ですが

その1番の理由はヘッドコーチの交代が大きいと言われています。

前回HCを務めたエディー・ジョーンズから
その後ジェイミージョセフHCが就任しました。

そのジェイミージョセフHCは世界の主流である
「キッキングラグビー」を目指しており

キックやハイパントを使い陣地をとり、FWのアタックと
BKのスピードで攻撃するスタイルです。

FWにはよりパワーが必要で、BKにはよりスピードが
求められます。

複数ポジションをこなせる選手

また、ジェイミージョセフHCはフルバックであっても
複数のポジションをこなせる選手を選ぶとしています。

五郎丸選手はキックの精度はもちろん申し分なく
パスやキャッチングの技術も高い選手ですが

複数のポジションをこなすことはなく
また、スピードに関しては五郎丸選手よりも
優れた選手はおりウィングもこなせる松嶋選手が起用されています。

さらに五郎丸選手の代名詞であるキックに関しても
SO田村選手が成長しており、どうしても
五郎丸選手でなければならないという状況ではないようです。

以上が五郎丸選手が日本代表落ちした一番の理由です。

メンタルも理由のひとつか

次に考えられるのは五郎丸選手のメンタルの部分です。

五郎丸選手は前回大会の南アフリカ戦に勝つために
4年間地獄のような練習をしてきたと言っています。

そして結果を出したわけですが
完全にやりきったという感情があるそうです。

もしもう一度ワールドカップを目指すのであれば
相当の覚悟が必要となります。

そこまでの気持ちになれなかったのだと思います。

よく、オリンピック選手が金メダルととると
その後長期休養に入ったりますが
それと一緒なのだと思います。

トップ選手はよく言う心技体がすべて整っていないと
最高のパフォーマンスをできない
逆にそのような状態では出るべきではないと考えるのでしょう。

五郎丸選手は日本代表を辞退したのではと
いう人もいますがどうやら招集をされていないということのようです。

五郎丸選手の現在は

五郎丸選手は引退をしておらず
現在は国内ラグビーのトップリーグの
ヤマハ発動機で現役を続けています。

日本代表復帰には現状の戦術や自身のメンタルの部分で
参加することは今現在の可能性としては低いですが

ラグビーのトップリーグにおいては
プレイスキックの成功率85%以上を目標、
トップリーグの最多得点記録のさらなる更新を
目指して取り組むとして
ラグビー自体はまだまだ現役を続けるようです。

いわゆる五郎丸ポーズを封印しプレイスキックをしていますので
まだまだ進化を求めていると思います。

今回のラグビーワールドカップ2019

今回のラグビーワールドカップ2019では
NHKナビゲーターに就任していますが

ラグビー教室などを通じてラグビーの魅力を伝え続けていくと
いうことです。

スポンサーリンク

ラグビー

Posted by wajo