八戸学院光星野球部メンバー2019出身中学は?注目選手武岡龍世!

目次

夏の甲子園2019に出場する青森代表
八戸学院光星野球部メンバー2019の出身中学と

八戸学院光星野球部注目選手の
武岡龍世選手をピックアップしたいと思います。

スポンサードリンク

八戸学院光星野球部メンバー2019の出身中学

1 後藤 丈海 投手 3 大阪 大阪城陽中
2 太山 皓仁 捕手 3 大阪 大阪加美南中
3 近藤 遼一 内野手 3 奈良 桜井桜井西中
4 伊藤 大将 内野手 3 大阪 寝屋川第九中
5 下山 昂 大 内野手 3 青森 弘前四中
6 武岡 龍世 内野手 3 徳島 吉野川鴨島一中
7 大江 拓輝 外野手 3 大阪 東大阪若江中
8 島袋 翔斗 外野手 3 沖縄 那覇古蔵中
9 原 瑞都 外野手 3 奈良 大和高田片塩中
10 山田 怜卓 控え 3 京都 向日寺戸中
11 横山 海夏凪 控え 3 長野 長野広徳中
12 中澤 英明 控え 2 東京 豊島千川中
13 川上 亘輝 控え 3 東京 奥戸中
14 大野 僚磨 控え 3 青森 階上道仏中
15 丸山 雄哉 控え 3 奈良 奈良富雄中
16 澤波 大和 控え 3 奈良 平群平群中
17 道江 勇斗 控え 3 大阪 貝塚二中
18 渡辺 太楼 控え 3 静岡 吉原一中
19 横山 大輔 控え 2 東京 東海中
20 小林 嶺太  控え  3 宮城 古川東中

2名が青森県内中学の出身選手です。

青森県以外の出身中学選手の内訳です。

大阪府  5名

奈良県  4名

東京都  3名

長野県  1名

静岡県  1名

京都府  1名

徳島県  1名

沖縄県  1名

宮城県  1名

地元青森からは2名、春のメンバーから減っています。
増えたのは東京

もっと大阪出身が多いかと思いましたが
今年は5名でした。

八戸学院光星 2年連続10回目

スポンサーリンク

八戸学院光は夏の甲子園2年連続5回目の出場

八戸学院光星は1956年創立の私立高校

2013年に光星学院から八戸学院光星へ校名を変更

OBには巨人の坂本勇人、阪神の北条史也
ロッテの田村龍弘らがいます。

昨年の夏の甲子園では兵庫代表明石商に
最大6点差を追いつかれ延長戦へ

延長10回相手のミスもあり決勝点をあげ
9-8で競り勝ち、同高通算20勝をあげた。

続く試合は京都の龍谷大平安に1-14で大敗という
結果でした。

昨秋の大会では県で優勝、東北大会も優勝
春のセンバツに出場

この大会では広島代表広陵に3安打で完封負け

春の県大会では1回戦で青森山田に敗戦し
シード権を失ない、
夏の予選ではその敗れた青森山田と同じ山に入ってしまいました。

1回戦、2回戦はコールド勝ち
3回戦で事実上の決勝戦青森山田

この試合では青森山田に先制を許すも逆転し
その後は着実に加点し4-1で勝利。

決勝では春の東北王者聖愛に初回から8点を奪う猛攻
相手に逆転の気配すら与えない試合運びで
12-4での勝利、見事2年連続10回目の夏の甲子園を決めました。

1試合平均12得点と打線好調

1試合平均得点が12
チーム打率は.425、ホームランは15

なかでも注目選手でもある武岡選手は.588
近藤選手は.583と5割越え。

武岡選手は県大会一時8番まで打順を下げたが
準決勝から1番、決勝戦では5打数3安打2打点と
優勝への原動力となった。

近藤選手は3番で起用され24打数14安打20打点
決勝で2本塁打を放ち大会通算でも6本塁打

4番の原選手も5本塁打と中軸は長打力がある。

投手陣は絶対的なエース不在

登板した投手は6人
準決勝横山海が完投、決勝は下山が先発したが
基本継投を多用する。

守備は失策2と固い。
盗塁は3と少なく、走ってくる選手はあまりいない。

注目選手は武岡龍世選手

春の時点でU18代表候補に選出された選手。
打撃は少しオープンスタンスから広角に打ち分けることができ
守備では軽快なステップ、スナップスローで乱れが少ない。

代表合宿でもショートでは一番うまいとの評価。

今回の県大会では17打数10安打打率.588
四死球も7つで選球眼もよい。

ただ、打撃フォームからはホームランをうつバッターではない。

ホームランはチームメイトに任せて
まずは出塁し勝利に貢献できるか注目しましょう。

最後に

2011年夏から三季連続で準優勝。
初戦突破率も高い八戸学院光星

今大会は大会初日第1試合、
甲子園初出場の愛知代表誉との対戦がきまりました。
注目の1戦です。

スポンサーリンク

高校野球

Posted by wajo