藤森粋七丞(いきなすけ)青森山田新エース!出身はどこ?プロフィールを調査

目次

藤森粋七丞(いきなすけ)、名前のインパクトがすごいが
青森山田の新エースとして2019秋の青森県大会に登場。

準決勝では東奥義塾戦で先発
3安打9奪三振で公式戦初完投勝利。

今後注目の選手になること間違いなしですが

スポンサードリンク

出身はどこなのか、プロフィールを調査していきましょう。

スポンサーリンク

藤森粋七丞(いきなすけ)プロフィール

出身はどこ?

青森山田といえば全国から選手が集まってくる
私学の強豪ですが

藤森粋七丞(いきなすけ)も青森県以外から
来ているのかと思いきや

青森県五所川原市出身で
五所川原南小学校卒業後
中学は青森山田中に進学

青森山田シニアでプレイし
そして系列校である青森山田に進学しています。

藤森粋七丞(いきなすけ)プロフィール詳細

2003年5月22日生まれ。
青森県五所川原市出身。
青森山田リトルシニア (硬式)→青森山田高1年。
右投右打 178cm80kg。

実は何かのテレビで見たことがあったと
記憶していて
調べてみるとビートたけしのスポーツ大将に
中学生最強ピッチャーとして登場していました。

当時はMAX140キロのストレートで
ソフトバンクの内川選手に挑みました。

初球から4球まで自己最速に近い139kmを投げ

その後141kmでMAX記録を更新しましたが
内川選手がストレートを弾きフェンスに当たる
一打を打たれています。

勝負には負けましたが
フォームがきれいでストレートにはキレがあると
高い評価を受けました。

また、小学生の時に
ぐるぐるナイティナインの番組で

青森で相撲部以外の小学生で
将来横綱を目指すという企画がありましたが

その企画にも登場していました。

野球に専念するということで
番組途中で参加は終了していますが

身体能力の高さがうかがえるエピソードです。

U15侍ジャパンに選出

2018年U15侍ジャパンのセレクションに参加し
約130人の中から見事侍ジャパンU15の
20人に選ばれています。

侍ジャパンでは第4回WBSC U-15ワールドカップに出場し、
試合終盤のイニングを任され
チーム最多タイの5試合に登板。

侍ジャパンはこの大会では4位に終わりましたが
国際大会での経験が間違いなく
成長の糧になったと思います。

また、チームメートからは
ストレートのキレが際立っていたとのことでした。

同世代は逸材だらけ

スーパー一年生とか、スーパー中学生とか
昔は考えられなかったですが
この年代で140キロを超えるストレートを投げる投手が
珍しくない時代になってきました。

同年代には中学で150キロを投げた高知の森木大智投手
明徳義塾中で146キロを投げその後大阪桐蔭に進学した関戸康介投手

同じ東北にも144キロの伊藤樹、笹倉世凪ともに仙台育英と

少し上げただけでも素晴らしい素材の選手がたくさんいます。

特に仙台育英と青森山田は同じ東北地区だけに
春のセンバツ高校野球2020では予選で当たってしまいます。

東北地区からは神宮枠がない限り2校しかセンバツに
出場できないため

秋の東北大会で組み合わせが悪いと
早めに当たってしまう可能性があります。

もちろん他の高校にもチャンスはありますが

個人的には青森山田と仙台育英の2校に
2020年のセンバツ出場を期待しています。

最後に

今回の秋の県大会2回戦ではストレートのMAXを更新し
142キロを投げています。

まだ、1年生でこの秋、冬のトレーニングを通じて
まだ決まっていませんが甲子園で
自己最速を更新する投球をぜひ見てみたいと思います。

スポンサーリンク

高校野球

Posted by wajo