盛岡大付センバツ2019野球部メンバー出身中学と戦力分析

目次

2019センバツ選抜高校野球に出場する

盛岡大付野球部メンバー出身中学と戦力分析を

見ていこうと思いますがこれまでの甲子園の成績は

春4回出場、3勝4敗

夏10回出場、6勝10敗

春夏とも2017年のベスト8が最高成績です。

花巻東のイメージが強いのかもっと勝っていると

思っていました。

スポンサードリンク

それでは盛岡大付の野球部メンバーの出身中学です。

1 阿部 秀俊 投手 2 岩手 一関東中 岩手ボーイズ
2 島上 眞綾 捕手 2 兵庫 西宮市立学文中 宝塚ボーイズ
3 及川 温大 捕手 2 岩手 水沢南中 中学軟式野球部
4 佐々木 俊輔 内野手 2 北上市立飯豊中 花巻シニア
5 小野寺 颯斗 内野手 2 奥州市立水沢南中 花巻シニア
6 峰 圭哉 内野手 2 栃木上三河町立明治中 小山ボーイズ
7 平賀 佑東 外野手 2 盛岡市立大宮中 滝沢いわてシニア
8 小川 健成 外野手 2 大阪 大阪大正東中 大正ボーイズ
9 岡田 光輝 外野手 2 大阪大阪大正東中 大正ボーイズ
10 木内 優成 控え 2 岩手 雫石中 滝沢いわてシニア
11 石井 駿大朗 控え 1 神奈川 綾北中 横浜瀬谷ボーイズ
12 竹ケ原 大輝 控え 2 宮城栗原市志和姫中 大崎シニア
13 松原 瑠来 控え 2 宮城 七郷中 仙台東部シニア
14 早川 公平 控え 2 大阪池田市渋谷中 宝塚ボーイズ
15 小島 乃 控え 2 青森 三沢市立第二中学校
16 村上 颯 控え 2 兵庫宝塚市立御殿山中 東成シニア
17 大谷 智琢 控え 2 群馬 前橋第七中 高崎ボーイズ
18 坂口 恭真 控え 2 兵庫 天王寺川中 宝塚ボーイズ

地元岩手から6人

兵庫、大阪から3人

宮城2人

青森、群馬、神奈川、栃木から1人

控えを見ても地元岩手もいますが

関東、関西全国いろいろなところから

来ています。

スポンサーリンク

戦力分析

投手力から

昨年秋からエースになったのが阿部投手。

上背は168センチと小柄なサウスポー。

多彩な変化球をもち、スピードはないものの

打たれない投手。防御率も公式戦9試合で

1.40と阿部投手がセンバツの切符を手に入れたと

いってもよいくらいの活躍でした。

2番手は木内投手ですが秋の大会では力を

出し切れませんでした。

大谷投手は140キロを超えるストレートを

持っていますが、制球に難ありで

阿部投手がつかまった場合に継投する投手が

若干弱いのが課題。

攻撃力

チーム打率は公式戦.342

チーム最高打率は島上選手の.467

打力に力を入れており、

ドラフトの目玉大船渡の最速157キロの

佐々木投手から二塁打3本をうった平賀選手や

様々な打順をこなせる小川選手、

飛ばすことなら小野寺選手など個性あふれる打線

また、盗塁も多く昨秋公式戦では

チームで30盗塁。

なかでも小川選手は11盗塁と4番も打つ割には

塁にでると積極的に仕掛けるのが特徴

総合力

昨年夏の大会決勝戦を戦ったメンバーが6人残っていたが

ケガ人が多くベストメンバーで試合に臨めたのが少なかった。

そんな状況でもお互いをカバーしあい

センバツの切符を手にした。

センターラインに肩の強い選手が多く

守備力は高い

注目の選手は

 

注目の選手は小柄なエースの

阿部秀俊投手。

秋の公式戦は9試合に登板。

東北大会は全4試合に先発し3試合を完投。

準々決勝と準決勝は見事完封。

直球の最速は132キロとそれほどスピードはないが

最大の武器は多彩変化。

カーブ、スライダー、チェンジアップ、スクリューと

ベースの上で勝負できる変化球を多数もつ。

中学校からすでにスタイルは出来上がっており

小さくてもできるんだというところを

甲子園で見せたいと意気込んでいる。

 

最後に

盛岡大付は初出場した1995年夏から2012年夏まで

センバツも併せて甲子園9連敗というワースト記録を持っています。

初勝利は2013年センバツ。

そこから積み重ねること春夏通算で9勝。

初勝利からは5大会連続で初戦を突破。

今回のセンバツで勝利すれば甲子園通算10勝目となります。

6大会連続での初戦突破で10勝目を目指したい。

スポンサーリンク

高校野球

Posted by wajo