センバツ高校野球2019出場校予想!21世紀枠は?

2019年3月2日

目次

春のセンバツ高校野球2019は
各地区秋の大会が終了し
神宮大会では北海道から出場した
札幌大谷が優勝したため
神宮枠は北海道地区になりました。

それでは各地区の代表予想から
見ていきましょう。

スポンサードリンク

■北海道地区 出場枠1プラス神宮枠

優勝 札幌大谷
準優勝 札幌第一

■東北地区 出場枠(2)

優勝 八戸学院光星
準優勝 盛岡大付属
■関東地区
優勝 桐蔭学園
準優勝 春日部共栄
4強 習志野
4強 山梨学院

(東京大会)
優勝 国士舘
準優勝 東海大菅生
■北信越の出場枠(2)
優勝 星稜
準優勝 啓新
■東海の出場枠(2)
優勝 東邦
準優勝 津田学園
■近畿の出場枠(6)
優勝 龍谷大平安
準優勝 明石商業
4強 履正社
4強 智弁和歌山
8強 大阪桐蔭
8強 市和歌山
■中国&四国の出場枠
中国(2)、四国(2)、合計(5)
優勝 広陵
準優勝 米子東
4強 市呉
■中国&四国の出場枠
中国(2)、四国(2)、合計(5)
優勝 高松商業
準優勝 松山聖陵
■九州の出場枠(4)
優勝 筑陽学園
準優勝 明豊
4強 日章学園
4強 大分

各地区の予想

北海道地区は通常1枠

秋の大会で優勝したチームが出場しますが
今回は神宮大会で札幌大谷が優勝したため
北海道地区に神宮枠が与えられたため
2枠になりました。

秋の大会では決勝で
札幌大谷と札幌第一が戦い9-6で札幌大谷が
勝ちました。準決勝では駒大苫小牧が
札幌大谷と6-7と僅差で敗れましたが
決勝戦も一方的ではなかったので
そのまま優勝、準優勝校で決まると思います。

東北地区は2枠

通常は東北大会の優勝、準優勝校で決定します。
準決勝の結果をみてもそれをくつがえすような
ものではなかったのでそのままで決まると思います。

関東地区&東京地区

関東地区は東京地区と合わせて6枠
例年は関東地区のベスト4
東京地区の優勝校
のこり1枠は関東地区のベスト8
東京地区の準優勝校で争います。

関東地区の準々決勝の内容と
東京地区の決勝と見てみると

東京地区の決勝で
国士舘と3-4で惜敗した東海大菅生が
優勢と思います。

北信越2枠

例年、優勝、準優勝校が出場します。
今回の決勝は延長15回引き分け再試合まで
もつれています。

星稜、啓新で確実でしょう。

東海地区2枠

優勝、準優勝校で決まりますが
今回は決勝が一方的な結果だったのに加えて
準決勝では優勝した東邦と延長10回9-10と
追い詰めた中京院中京の印象がかなりよいと
思います。逆転もありえるかもしれませんが
予想としては東邦と津田としておきます。

近畿地区6枠

通常はベスト4が確定
のこり2枠はベスト8に残った4校の
中から2校、準々決勝の結果を見ると
福知山成美と報徳は完封負けをしているため
市立和歌山と大阪桐蔭が最有力と思います。

中国四国地区5枠

中国四国地区は中国2枠、四国2枠
両地区のベスト4から1枠
ですので、両地区の優勝、準優勝は当確
準決勝の結果からすると市立呉が
リードしていると思います。

九州地区4枠

例年ベスト4で決まり、準決勝の結果からも
波乱はないと思います。

スポンサーリンク

21世紀枠は3校

<21世紀枠推薦候補9校>

北海道 北海道釧路湖陵

東北 宮城県古川(宮城)

関東・東京 茨城県立石岡第一(茨城)

東海 静岡市立清水桜が丘(静岡)

北信越 福井県立金津(福井)

近畿 大阪府立八尾(大阪)

中国 島根県立平田(島根)

四国 徳島県立富岡西(徳島)

九州 熊本県立熊本西(熊本)

このなかから3校、東日本から1、西日本から1
地域を選ばず1選ばれます。

まず、有力なのが犬大会準優勝、東北大会ベスト4入りした
宮城県古川、秋の試合結果を見ても21枠予想の筆頭

次は県大会ベスト4、四国大会でも2勝しベスト4入りした
徳島県の富岡西

最後は熊本県大会で準優勝、九州大会ではベスト8入りした
熊本県熊本西と予想します。
被災地でもあるので地元に勇気を的な感じで
選ばれるのではないかと思います。

発表は2019年1月25日です。

スポンサーリンク

高校野球

Posted by wajo