履正社野球部メンバー2019出身中学は?注目選手は井上 広大!

目次

夏の甲子園2019に出場する大阪府代表
履正社野球部メンバー2019の出身中学と

履正社注目選手の
井上広大選手をピックアップしたいと思います。

スポンサードリンク

履正社野球部メンバー2019の出身中学

1 清水 大成 投手 3 兵庫 丹波氷上中
2 野口 海音 捕手 3 大阪 松原第四中
3 内倉 一冴 内野手3 大阪 大阪旭陽中
4 池田 凛 内野手2 大阪 東大阪英田中
5 小深田 大地内野手2 兵庫 姫路飾磨中部中
6 野上 聖喜 内野手3 大阪 東大阪長栄中
7 西川 黎 外野手3 兵庫 神戸大付属中
8 桃谷 惟吹 外野手3 兵庫 神戸湊川中
9 井上 広大 外野手3 大阪 大東南郷中
10植木 佑斗 控え 3 兵庫 伊丹荒牧中
11坂口 敦也 控え 3 兵庫 尼崎常陽中
12関本 勇輔 控え 2 兵庫 西宮苦楽園中
13高寺 真生 控え 3 兵庫 尼崎武庫中
14中原 雄也 控え 2 大阪 八尾久宝寺中
15田上 奏大 控え 2 大阪 大阪住之江中
16岡本 一聖 控え 3 兵庫 姫路大的中
17岩崎 峻典 控え 2 大阪 大阪大宮中
18大西 蓮 控え 2 兵庫 加古川両荘中
19田淵一樹 控え 2 岡山 桑田中
20弓埜祥太郎 控え 2 大阪 玉出中

9名が大阪府内中学の出身選手です。

大阪府以外の出身中学選手の内訳です。

兵庫県 10名
岡山県 1名

地元大阪中心ですが
履正社が兵庫県境に近いこともあり
兵庫県から来ている選手も多くいます。

スポンサーリンク

履正社 3年ぶり4回目

履正社は1922年創立の私立高校
履正社のある豊中市は野球の発祥の地と言われています。

OBにはヤクルト山田哲人、ロッテ安田尚憲らがいます。

履正社はこれまで春の選抜に出場するとその年の夏の甲子園には
出場できないというジンクスがありましたが
今回そのジンクスをはねのけ初めて春夏連続出場を決めました。

地方大会の成績

7月15日 2回戦 池田 23-3
4本塁打を含む翌安打の猛攻。五回コールド

7月20日 3回戦 箕面学園 8-0
エース清水が比奪三振。七回コールド

7月23日 4回戦 大阪電通大2-1
岩崎が15奪三振でリードを守り切る

7月25日 5回戦 岸和田7-0
岩崎が参考ながら無安打無得点の好投。七回コールド

7月26日 準々決勝桜宮2-0
井上の本塁打で先制。清水が3安打完封

7月28日 準決勝 近大付7-2
井上、内倉が3打点ずつ挙げる活躍

7月29日 決勝 金光大阪7-2
井上、野口、小深田の本塁打攻勢

チーム打率は.367

チーム打率は.367で先発9人中4人が打率4割を超えている。
中でも4番井上は27打数11安打、打率.407
ホームランが4本と長打力が魅力。
大阪大会では準々決勝から3試合連続のホームラン。
高校通算も46本に伸ばした。

決勝でのホームランは流れを引き戻す同点の一発。
主軸として価値のあるホームランだった。

また、5番内倉選手は27打数13安打、打率.481と
チーム最多安打を記録。
4番井上選手がアウトになっても次の5番打者で取り戻す。

3番小深田選手はなかなか三振をしないバッターで
1番桃谷選手は25打数10安打、打率.400と
トップバッターから勝負強い巧打者が並ぶ。

投手陣は2年岩崎投手の成長で厚み。

投手陣は左のエース清水投手が中心。
清水投手は最速145キロのストレートに
切れ味するどいスライダー、チェンジアップで
緩急をつける。
地方大会では32回3分の2を投げ奪三振42。

二番手は2年生の岩崎投手。
豊富な球種をもち、制球力がまし
どの球でもストライクが取れるようになった。
こちらも22回3分の1を投げて
奪三振32と三振を奪える投手に成長した。

注目選手は井上広大

注目は井上広大。187cm97kg、恵まれた体格の強肩強打のライト。
高校通算本塁打は46本。なんといっても魅力は長打力。
履正社では2年秋から4番打者を務める。
筋トレや食事などで体作りを進め、体重アップ。
もともとは捕手で履正社で外野手に転向。

予選での3試合連続ホームランは圧巻。

最後に

激戦区大阪を勝ち抜いただけあり
投打とも戦力は強力。

センバツでは準優勝が2回あるが
夏の大会では3回戦が最高成績。

今回は優勝を狙えるチームとなった。

初戦は大会2日目第一試合、茨城代表の霞ケ浦。

霞ケ浦は最速148キロの鈴木寛投手がいます。
鈴木投手VS履正社打線に注目です

スポンサーリンク

高校野球

Posted by wajo