履正社センバツ2019野球部メンバー出身中学と戦力分析!注目選手は?

目次

2019センバツ選抜高校野球に出場する

履正社野球部メンバー出身中学と戦力分析、

そして注目選手を見ていこうと思いますが

まずは野球部概要から。

甲子園には春7回、夏3回出場

春の成績は13勝7敗、夏は3勝3敗

春に準優勝2回(2014、2017)ベスト4 1回(2011)

夏はベスト8以上の成績はありません。

OBにはヤクルト山田哲人、オリックスT-岡田、ヤクルト寺島成輝

ロッテ安田尚憲ら多くのプロ野球選手がいます。

スポンサードリンク

それでは履正社野球部メンバーの出身中学です。

 

1 清水 大成 投手 2 兵庫 丹波氷上中 ベースボールネットワーク
2 野口 海音 捕手 2 大阪 松原第四中 松原ボーイズ
3 浦野 皓太 内野手 2 大阪 大阪旭陽中 南大阪BBC
4 西川 黎 内野手 2 兵庫 神戸大付属中 兵庫伊丹ヤング
5 小深田 大地 内野手 1 兵庫 姫路飾磨中部中 姫路アイアンズ
6 野上 聖喜 内野手 2 大阪 東大阪長栄中 東大阪布施ボーイズ
7 田上 奏大 外野手 1 大阪 大阪住之江中 西成ボーイズ
8 桃谷 惟吹 外野手 2 兵庫 神戸湊川中 兵庫伊丹ヤング
9 井上 広大 外野手 2 大阪 大東南郷中 東大阪シニア
10 植木 佑斗 控え 2 兵庫 伊丹荒牧中 兵庫伊丹ヤング
11 岩崎 峻典 控え 1 大阪 大阪大宮中 大淀ボーイズ
12 前川 虎太郎 控え 1 奈良 安堵安堵中 泉州阪堺ボーイズ
13 大西 蓮 控え 1 兵庫 加古川両荘中 播磨ボーイズ
14 池田 凛 控え 1 大阪 東大阪英田中 生駒ボーイズ
15 中原 雄也 控え 1 大阪 八尾久宝寺中 大阪八尾ボーイズ
16 山本 啓太 控え 2 大阪 大阪此花中 大阪此花ボーイズ
17 坂口 敦也 控え 2 兵庫 尼崎常陽中 尼崎北シニア
18 田淵 一樹 控え 1 岡山 岡山桑田中 ヤンキース岡山

9名が大阪府内中学の出身選手です。

大阪府以外の出身中学選手の内訳です。

兵庫県  7名

奈良県  1名

岡山県  1名

控えをみても大阪、兵庫、京都と

近畿圏からかなりの選手が集まってきています。

スポンサーリンク

戦力分析

投手力から

左のエース清水投手が試合の鍵を握る。

最速はストレート145キロ、

スライダー、カットボールでもストライクが取れる。

好不調の波が少ない安定したピッチャー。

また、植木投手は昨秋の大阪大会決勝で

大阪桐蔭を相手に6安打2失点で完投勝利。

ストレートは130キロ台ながら

カーブ、チェンジアップと緩急をつける

ピッチングが見事で大阪桐蔭公式戦36連勝に

ストップをかけた。

昨秋の登板はなかったが188センチの

田淵投手も魅力的な素材。

攻撃力

打線は長打力が魅力で

特にクリーンアップの破壊力は抜群。

1年の夏からサードのレギュラーとなった

小深田選手は左の好打者でOBの安田尚憲を彷彿とさせ

長打力と広角に打ち分ける技術ももっている。

4番井上選手は身長187センチ、体重92キロと

恵まれた体格で昨秋近畿大会1回戦

和歌山県代表南部戦でほっともっとフィールドの

中段に放り込む特大のホームランを放った。

5番大西選手も身長180センチ体重89キロの

どっしりとした体格で力強い打球をうつ。

6番野口選手、7番池田選手もパンチ力、勝負強さをもつ。

総合力

旧チームからレギュラーだった選手が多く経験値が高い。

清水、野口のバッテリーを中心に内外野の守備もかたく

隙が無い。一方で投手陣が打たれるともろさも露呈。

近畿大会準決勝で龍谷大平安に7回コールド負け。

エースがホームランを打たれ、打線は3安打におさえられた。

個々の力は高いレベルにあるもののチームとして

まとまっていないと気を引き締める。

注目の選手は

履正社2019の注目の選手は

最速145キロのサウスポー清水大成投手。

昨年夏大阪大会準決勝大阪桐蔭戦でリリーフしたものの

ワンアウトも取れずに降板。

チームは9回2アウトまで横綱大阪桐蔭を追い詰めたが

そこからまさかの逆転負け。

甲子園を知らずに卒業はしたくないと努力を重ねた。

昨秋近畿大会準々決勝福知山成美は

12奪三振を奪って3安打完封。

事実上のセンバツ出場を決めた。

OBでドラフト1位でヤクルトに入団した

同じサウスポーの寺島成輝に憧れている清水投手。

甲子園での活躍を期待しましょう。

最後に

キャッチャーの野口選手は

中学時代U15代表、横浜の及川投手とともに

W杯で準優勝。中学時代ホームランは45本。

履正社では1年の秋からすでにレギュラー。

まさかの逆転を喫した大阪桐蔭戦では

マスクをかぶり悔しい思いをした。

目標は過去最高の準優勝のその上。

苦い経験を糧に優勝を目指す。

 

スポンサーリンク

高校野球

Posted by wajo