札幌大谷センバツ2019野球部メンバー出身中学と戦力分析

目次

2019センバツ選抜高校野球に出場する

札幌大谷高校の野球部メンバー出身中学と戦力分析を

見ていこうと思います。

北海道地区といえば駒大苫小牧や古豪の北海などが

有名ですが甲子園にまだ出場したことがないのに

2018年秋の神宮大会で初出場初優勝を達成したのが

この札幌大谷です。

スポンサードリンク

それでは札幌大谷の野球部メンバーの出身中学です。

1 西原健太 投手 2 札幌大谷中 札幌大谷リトルシニア
2 飯田柊哉 捕手 2 札幌大谷中 札幌大谷リトルシニア
3 清水悠我 内野手 2 札幌大谷中 札幌大谷リトルシニア
4 釜萢大司 内野手 2 札幌大谷中 札幌大谷リトルシニア
5 青山弥稜 内野手 2 札幌大谷中 札幌大谷リトルシニア
6 小関慎之助 内野手 1 北栄中 札幌栄リトルシニア
7 中川征典 外野手 2 平岡緑中 札幌北広島ボーイズ
8 石鳥亮 外野手 2 札幌大谷中 札幌大谷リトルシニア
9 佐野翔騎郎 外野手 1 札幌日章中 札幌北リトルシニア
10 北本壮一朗 内野手 2 札幌大谷中 札幌大谷リトルシニア
11 増田大貴 投手 1 札幌常盤中 札幌豊平ボーイズ
12 中川諒 捕手 1 北広島大曲中
13 佐藤颯馬 内野手 1 函館尾札部中 函館ボーイズ
14 津崎愛斗 内野手 1 小樽長橋中 小樽リトルシニア
15 田口恭大 不明 2 札幌大谷中 札幌大谷リトルシニア
16 將田勝基 投手 2 札幌大谷中 札幌大谷リトルシニア
17 太田流星 投手 2 札幌大谷中 札幌大谷リトルシニア
18 阿部剣友 投手 1 北斗大野中

1月時点でのベンチ入りメンバー予想では

全員が北海道内の出身です。

控えメンバーを見ても全員北海道で

特に目を引くのが札幌大谷中学校です。

それもそのはず名前からわかりますが

札幌大谷は中高一貫の学校で

2008年に共学となりその際に野球部を創設しています。

もともとは女子高でヤンキース田中投手の奥さんである

里田まいさんがこの学校の卒業生です。

さらには船尾監督とお笑いコンビタカアンドトシの

つっこみであるトシがいとこ同士で

昨秋の北海道大会で優勝した際に花束を届けたそうです。

スポンサーリンク

戦力分析

投手力から

右投げの本格派西原投手が主戦

北海道大会では得点を許す場面が見られたが

神宮大会の決勝星稜戦で1安打1失点の完投

優勝に大きく貢献した。

直球は最速142キロ、切れのあるスライダーが特徴

二番手は右横手投げの太田投手

公式戦の防御率が0.93と西原投手を上回る安定感

神宮大会では準決勝筑陽学園戦で8回まで

ノーヒットノーランに抑えた。

下から浮き上がるボールはかなりの武器

また、2人の2年生も神宮大会を経験しており

投手力の層は厚い

攻撃力

公式戦12戦の平均得点は7.7

チーム打率は0.357と高く

また犠打や盗塁もからめるのがチームスタイル

4番西原、5番石島がともに打点2桁以上で

チームの中心ではあるが2番の釜萢が

打率0.439とチーム最高打率

神宮大会では15打数9安打と広角に打ち分け

打線につながりをもたらした。

北本、佐藤にも1発があり勝負強い打者がそろう

総合力

1年生春から主力である西原、飯田のバッテリーと

釜萢、石島のセンターラインは経験値が高く

他のメンバーも札幌大谷シニアのメンバーで

気心のしれた同士、チームワークが抜群

シニア時代には全国8強も経験しており

甲子園初出場でも慌てることはなさそう。

ただ、神宮大会では内野手が5失策しており

守備力の向上が課題。

さらには、神宮大会で優勝したことにより

当然相手に研究されることを考えると

もう一段上の実力をつけることが

甲子園上位進出のカギでしょう。

注目の選手は

 

注目の選手は主戦投手である西原健太

元日本ハムジュニアで現在のストレートのMAXは

142キロ、目標は選抜で147キロ、夏には150キロを目指す。

スケート選手の練習を取り入れ

筋力アップを図っている。

投手として試合に出ない場合はファーストをまもり

公式戦の打率は0.375と攻撃の中心でもある。

最後に

甲子園初出場ではありますが

神宮大会で優勝したように

一気にということもあるかもしれません。

札幌大谷に注目です。

スポンサーリンク

高校野球

Posted by wajo