星稜野球部メンバー2019出身中学は?注目選手は奥川恭伸!

目次

夏の甲子園2019に出場する石川県代表
星稜野球部メンバー2019の出身中学と

星稜注目選手の
奥川恭伸選手をピックアップしたいと思います。

スポンサードリンク

星稜野球部メンバー2019の出身中学

1奥川 恭伸 投手 3 石川 かほく宇ノ気中
2山瀬 慎之助 捕手 3 石川 かほく宇ノ気中
3福本 陽生 内野手3 東京 世田谷緑丘中
4山本 伊織 内野手3 神奈川 川崎高津中
5知田 爽汰 内野手2 石川 星稜中
6内山 壮真 内野手2 石川 星稜中
7有松 和輝 外野手3 石川 星稜中
8東海林 航介 外野手3 石川 星稜中
9岡田 大響 外野手3 石川 星稜中
10寺沢 孝多 控え 3 石川 星稜中
11萩原 吟哉 控え 2 石川 星稜中
12竹村 紘人 控え 3 石川 金沢野田中
13大高 正寛 控え 3 石川 星稜中
14寺西 成騎 控え 2 石川 能美根上中
15今井 秀輔 控え 2 石川 金沢紫錦台中
16鈴木 快明 控え 3 石川 布水中
17高木 宏望 控え 2 石川 星稜中
18今井 秀輔 控え 2 石川 紫錦台中
19野口 練 控え 1 福井 丸岡中
20出村 夢太 控え 1 石川 星稜中

石川17人、
福井1人
東京1人
神奈川1人

ほとんど地元石川県ですが

星稜中から星稜に来た場合はすでに他県から
来ている可能性もあるので正直なところ正確な
内訳はわかりません。

星稜 2年連続20回目

2年連続20回目と県内では常に優勝候補に
あげられる存在。

秋の県大会、北信越大会を優勝
神宮大会では準優勝

春の北信越大会優勝と各大会で
決勝に必ず残る無類の強さを発揮しています。

■地方大会の成績

7月15日 2回戦 七尾東雲 10-0
初回に大量8得点。六回コールド

7月21日 3回戦 金沢大付 12-0
3本塁打を含む12安打で快勝。五回コールド

7月24日 準々決勝 遊学館 2-1
奥川が大会初先発し、13奪三振で完投

7月27日 準決勝 鵬学園 8-6
奥川が2打席連続本塁打。延長十回

7月28日 決勝 小松大谷 6-2
九回に東海林が満塁本塁打。奥川14奪三振

チーム打率は.309

昨年夏の県大会は南保選手など強力打線で
5試合で53得点、打率も.383だった。

今年は38得点、打率も.309と昨年に比べると
一周り小さくなったのは否めない。

実際準々決勝、準決勝は僅差での勝利となったが
注目すべきはホームランの数で
東海林、有松、知田、内山、奥川、今井と6人で
11本。試合の流れを変えることができる打者が
多数いる。

4番は2年生の内山、ホームラン2本、打率.429
出塁率は6割を超える。

今井は控え選手ながら2本のホームランと
選手層は厚い。

投手陣は奥川恭伸だけではない

注目はもちろんエースの奥川だが

2番手以降も他チームであればエース級で
昨年夏の甲子園を経験した左の寺沢は
ストレートは130キロ中盤ながら変化球との
コンビネーションがよく打たせてとれる。
2年生の寺西は最速144キロのストレートが持ち味。

同じく2年生の萩原は130キロ後半のストレートに
切れ味するどいスライダーで打ち取る。

また、キャッチャーの山瀬はスローイングスピードが速く
簡単には次の塁を狙えない。

失策は5試合で3と守備は固い。

注目選手は奥川恭伸

183センチ、84キロの恵まれた体格の右腕。
この夏は最速158キロを記録。
スライダー・チェンジアップ・フォークを駆使して
三振を取れる投手。

中学時代には第38回全国中学校軟式野球大会で
全国制覇を達成しています。

星稜高では1年春からベンチ入り。
2018春の選抜大会で甲子園初登板。
チームのベスト8入りに投打に渡って貢献。
2018夏の甲子園にも出場し2年生で
ただ一人U-18日本代表に選出。

2018秋季北信越大会と明治神宮大会は7試合を
驚異の防御率0.00

ドラフト間違いなしの選手です。

夏の甲子園2019組み合わせは

夏の甲子園2019では大会第2日目
第2試合で旭川大高校と対戦

近年北海道勢も神宮大会で優勝するなど
駒大苫小牧以来の活躍が見られます。

エース級の投手がずらりと並ぶ星稜で
果たして先発は奥川投手なのか

非常に楽しみです。

スポンサーリンク

高校野球

Posted by wajo