世界陸上ドーハ2019リレーメンバーと出場国!スタート時間はいつ?

目次

9月27日から10月6日までの日程で
世界陸上ドーハ2019が行われます。

東京オリンピック2020でもメダル獲得が期待される
男子4×100リレーも行われますが

出場予定の日本リレーメンバーと
ライバルとなる出場国などを調査したいと思います。

スポンサードリンク

まずは世界陸上ドーハ2019
男子4×100リレーに出場するメンバーから
見ていきましょう。

スポンサーリンク

男子4×100リレー日本メンバー

2019年9月上旬世界陸上に出場する選手は
山梨県内で合宿を行っており

そこで日本陸連の土江コーチが
男子4×100リレーメンバーを発表しました。

1走:小池 祐貴

出展
https://twitter.com/yuki_koike_?lang=id

2走:白石 黄良々

出展
http://mldb.livedoor.blog/archives/16632847.html

3走:桐生 祥秀

出展
https://www.jaaf.or.jp/athletes/profile/yoshihide_kiryu/
4走:サニブラウン

出展
https://www.jaaf.or.jp/athletes/profile/abdul_hakim_sanibrown/

世界陸上ドーハ2019リレー出場条件と出場国

今回の世界陸上ドーハ2019のリレーに
出場するためには2019 ワールドリレーズ上位 10 ヶ国に入るか
IAAF リレーランキング上位 6 ヶ国に入るか
いずれかを満たすと出場できます。

2019ワールドリレーズは横浜で5月に行われましたが
日本チームはバトンタッチでミスをして
失格に終わりました。

世界陸上ドーハのリレーに出場するためには
IAAFリレーランキング上位 6 ヶ国に入っていなければ
なりませんが

ワールドリレーズで10位以内に入ったチームを
除いて上位6カ国なので余裕なのですが
いちお確認すると

2019ワールドリレーズ上位10カ国(参考にタイム)

1 イギリス 38.11
2 ブラジル 38.22
3 イタリア 38.29
4 アメリカ 38.34
5 フランス 38.46
6 トルコ  38.47
7 中国   38.51
8 ジャマイカ38.51
9    南アフリカ38.66
10 オランダ 38.67 SB

この10カ国を除いて
IAAFリレーランキング上位6カ国は

日本
カナダ
ガーナ
ドイツ
トリニダードトバコ
ナイジェリア 以上の6カ国です。

すべて参加するのかの確認はできませんでしたが
日本は参加できます。

ちなみにランキングは2位で
持ちライムは37.78

今年の7月にロンドンオリンピックスタジアムで
行われた時に出したタイムです。

この時は多田修平、小池祐貴
桐生祥秀、白石黄良々とバトンをつなぎ、
シーズンベストを記録して2位に入っています。

世界陸上ドーハ2019では日本記録更新にも期待

4×100の日本記録は
2016リオデジャネイロオリンピックでだした
37秒60
リレーメンバーは
山縣亮太、飯塚翔太、桐生祥秀、ケンブリッジ飛鳥の
4人でした。

弾丸スタートの山縣選手もおり
バトンパスも見事でしたので
単純比較はできませんが

それでも今回の出場予定メンバーの
自己最高記録は

小池 祐貴(9.98)
白石 黄良々(10.16)
桐生 祥秀(9.98)
サニブラウン(9.97)

とリレーメンバー4人中3人が9秒台
日本更新を期待せずにはいれません。

注目のリレースタート時間はいつ?

今回世界陸上が行われるドーハは
日本と6時間の時差があります。

競技は現地時間の夜のゴールデンタイムがほとんどですので
そこから6時間後ろにずれることになります。

つまり、深夜から早朝がほとんどです。

リレーはまず予選が大会後半
日本時間10月4日金曜日27:05にスタートします。

この予選は過去の大会と同様であれば
予選2組の上位3位に入れば決勝
のこり2チームはタイムで上位2位で決勝に進みます。

予選の組み分けは現時点でわかりませんが
3位以内には入ってくるでしょう。

決勝は翌日10月5日の28時15分

28時というのが正しい表現なのか
10月6日の早朝というべきなのか
わかりませんが歴史が動く瞬間を見たいと思います。

スポンサーリンク

世界陸上

Posted by wajo