仙台育英笹倉世凪&伊藤樹と木村航大1年生トリオの出身は?

目次

夏の甲子園2019で仙台育英の1年生トリオにびっくり。
長野県代表飯山戦で3人そろって試合に出場しましたが
笹倉世凪&伊藤樹と木村航大選手それぞれの出身を調べてみました。

スポンサードリンク

仙台育英の笹倉世凪と伊藤樹(たつきと読みます。)は
1年生ながら140キロを超えるストレートを投げると
評判のピッチャーがいるのは高校野球好きなら
ちょっとは聞いたことがあると思います。

そこにキャッチャーまで1年生なのかと
先日の飯山戦のスターティングメンバーが発表された時には
驚きでした。

そしてこの3人には共通点があるのですが
中学校はすべて秀光中学校であるということ。

今回の仙台育英のチームにはこの秀光中学校出身者が
9名前後います。

秀光中学校は仙台育英の系列高校なので
そのまま進学してくる選手が多くなっています。

では、その前秀光中学校に来る前はどこなのでしょうか。

スポンサーリンク

出身地は?

まずは笹倉世凪投手。
サウスポーで最速144キロを軟式で計測するという
スーパー1年生。

プロフィール

2003年5月14日生まれ
岩手県一関市出身

176センチ、76キロ
左投げ左打ち

球種:ストレート、スライダー、スプリット、チェンジアップ

左で160キロを目標。

岩手一関出身、花泉小学校から秀光中に進んでいます。

2015年8月全国小学校陸上男子ソフトボール投げで
全国3位の記録を持っている。
投げることに関しては秀でているですね。

次に伊藤樹投手。いつきと読むのかと思いましたが
たつきと読みます。

最速140キロ右投げの本格派
こちらもスーパー一年生として
すでに全国区。

プロフィール

2003年8月24日生まれ
秋田県大仙市出身

175センチ、75キロ
右投右打

秋田県大仙市の仙南東小学校2年生の時に
野球を始める。

小学校6年生の時に楽天ジュニアに選出。

先ほど紹介した笹倉投手も楽天ジュニアにいたため
当初は捕手として笹倉投手とバッテリーを組んでいた。

秀光中に進むと1年春からベンチ入り。
秋には捕手から投手へコンバート。

スプリット、チェンジアップ、カーブ、スライダーを投げる。

投球スタイルはプロ野球
金子投手に似ているとの評価。

最後に1年生レギュラーキャッチャー
木村航大選手。

プロフィール

生年月日:2003年度生まれ
読み方:きむら こうだい
身長:170cm
体重:70kg
出身中学校:秀光中学校
ポジション:捕手
投打:右投・右打

中学校の前は弘前聖愛リトルシニアに所属していましたので

出身は青森県ですね、市や町までは不明でした。

弘前聖愛もここ最近は県内で強豪に成長していますが
地元の中学、高校は選択せず

中学校は秀光中に進学してます。

そのほかにも秀光中から優秀な選手が
仙台育英に進んでいます。

ライバル高知中森木大智投手

全国大会決勝で秀光中は森木大智投手を擁する
高知中に敗れます。

森木投手は軟式で150キロ計測

今回の夏の大会では予選で敗れてしまいましたが
硬式球でも148キロを計測。

一般に硬式のほうがスピードが出ると言われていますので
近い将来150キロを超えるでしょう。

仙台育英次の試合は徳島の鳴門

1回戦で花巻東に勝利した鳴門と対戦。
花巻東が自滅した感じで勝利した印象があります。

野球は必ずはありませんが今回は仙台育英のベスト8
進出は固いと思っています。

次も1年生トリオの活躍が見られるのか注目しましょう。

スポンサーリンク

高校野球

Posted by wajo