市和歌山センバツ2019野球部メンバー出身中学と戦力分析!注目選手は?

目次

2019センバツ選抜高校野球に出場する

市立和歌山野球部メンバー出身中学と戦力分析、

そして注目選手を見ていこうと思いますがまずは野球部概要から。

甲子園には春5回、夏5回出場、春6勝5敗、夏5勝5敗で

1965年春に元阪神監督の藤田平を擁し準優勝、

1967年センバツでベスト8、

同じ年の夏の甲子園ではベスト4いり。

昨秋は県大会2位で近畿大会出場。

準々決勝で龍谷大平安に接戦を演じるものの

4対5のサヨナラ負け。

3年ぶりのセンバツ出場を決めた。

スポンサードリンク

それでは市立和歌山野球部メンバーの出身中学です。

 

1 岩本 真之介 投手 1 和歌山 広川耐久中 和歌山湯浅ボーイズ
2 米田 航輝 捕手 2 大阪 岸和田山直中 貝塚シニア
3 片上 柊也 内野手 2 大阪 熊取熊取北中 貝塚シニア
4 下井田 知也 内野手 2 和歌山 和歌山紀伊中 和歌山クラブ
5 山野 雄也 内野手 2 和歌山 和歌山西浜中 和歌山ボーイズ
6 緒方 隆之介 内野手 2 和歌山 和歌山明和中 和歌山ボーイズ
7 瀧谷 侑斎 外野手 1 和歌山 有田川金屋中 和歌山有田ボーイズ
8 上原 拓海 外野手 1 和歌山 伏虎義務教育学校 和歌山ボーイズ
9 柏山 崇 外野手 2 和歌山 田辺新庄中 新庄BBC
10 奴田 宗也 控え 1 和歌山 橋本高野口中 粉河シニア
11 鈴木 大陽 控え 2 和歌山 かつらぎ妙寺中 中学軟式野球部
12 南出 椋生 控え 2 和歌山 和歌山高積中 和歌山ボーイズ
13 壹岐 有翔 控え 1 大阪 泉佐野第三中 貝塚ヤング
14 山田 叶夢 控え 2 大阪 和泉郷荘中 大阪狭山ヤング
15 松山 敦紀 控え 2 和歌山 和歌山日進中 和歌山シニア
16 榎田 玲也 控え 1 大阪 泉大津東陽中 サウスウインド
17 近藤 陽樹 控え 1 和歌山 和歌山日進中 中学軟式野球部
18 丸野 秀晃 控え 2 和歌山 熊取熊取南中 中学軟式野球部

13名が和歌山県内中学の出身選手です。

和歌山県以外の出身中学選手の内訳です。

大阪府  5名

ベンチ入りメンバー以外をみても

和歌山県と大阪で占められています。

スポンサーリンク

戦力分析

投手力から

サウスポー岩本投手がエース。

変化球はカーブ、スライダー、ツーシームなど

多彩でコントロールもよい。

様々な球種でストライクがとれるので

大きく崩れることが少ない。

背番号1をつけてから急成長し

近畿大会でも堂々とした投げっぷりだった。

2番手には柏山選手。バッターしても4番を打つが

投手としては右の本格派でストレートは

最速140キロを超える。

昨秋は投手として調子が出ず

柏山投手のできが勝ち抜いていくカギとなる。

その他、奴田投手、近藤投手といるが

昨秋の登板はほぼない状況。

攻撃力

旧チームからレギュラーで経験豊富な3番緒方選手が

攻守ともかなめの選手。右にも左にも鋭い打球をとばし

新チームになってから41試合に出場し

6本塁打、打率.404、勝負強さも持つ。

4番柏山選手は昨秋打率.375

緒方選手同様勝負強い。

1番は足は速くないがミート力のある山野選手

続く2番は攻撃型で打率.355の下井田選手。

8番に控える瀧谷選手も打率.300と

下位打線も力はある。

総合力

全体的には層が薄く、

大黒柱といえるほどの選手はいない。

戦力としては選抜に出場できるようなチームではなかった。

実際、新チームになってからの戦績は

47試合25勝21敗1分けと勝ち越しはわずか4つ。

8月は大敗することもあり5連敗、6連敗もあった。

そこから四国遠征をし少しずつ勝てるようになってきた。

秋の大会では決勝まですすみ、近畿大会もベスト8

見事センバツ出場を決めた。

このままでは甲子園では勝てないと

冬場のトレーニングに力を入れている。

注目の選手は

 

市立和歌山の注目選手は柏山崇選手。

登録は外野手で4番も打つ一方で

投げてはストレート最速140キロ、

いわゆる二刀流の選手。

昨秋の公式戦では打率.375

近畿大会の準々決勝龍谷大平安戦では

逆方向に強い打球を連発し2打点をあげた。

投手としては昨秋県大会決勝

智弁和歌山戦のみの公式戦登板。

その試合ではちょっとしたミスから崩れ

6回途中での降板、試合も敗れた。

コントロールを乱すとメンタル面でも乱れ

いかに平常心で投げられるかが課題。

秋は打高投低に終わってしまったが

センバツでは真の二刀流がみられるか注目です。

最後に

和歌山県代表といえば智弁和歌山の

イメージが強いですが昨年は春、夏、秋と

3季連続でその智弁和歌山が決勝の相手。

春は5対6、夏は6対7、秋は6対9と接戦。

特に秋は6点差をつけながら逆転されるという

勝利も見える試合だった。

センバツではその智弁和歌山も出場する。

組み合わせ抽選の結果、完全に別な山に入ったため

センバツで当たるとしたら決勝戦。

はたして永遠のライバル対決は決勝でみられるのか

非常に楽しみです。

スポンサーリンク

高校野球

Posted by wajo