高岡商業高校野球部メンバー2019出身中学は?注目選手は井林泰雅!

目次

夏の甲子園2019に出場する富山県代表
高岡商業高校野球部メンバー2019の出身中学と

高岡商業高校注目選手
井林泰雅をピックアップしたいと思います。

スポンサードリンク

高岡商業高校野球部メンバー2019の出身中学

1 荒井 大地 投手 3 富山 高岡南星中
2 石黒 優希 捕手 3 富山 砺波庄川中
3 菅澤 陸 内野手 3 富山 高岡志貴野中
4 鈴木 颯馬 内野手 2 富山 高岡芳野中
5 井林 泰雅 内野手 3 富山 高岡福岡中
6 石黒 和弥 内野手 1 富山 高岡高陵中
7 藤井 康平 外野手 2 富山 高岡西部中
8 森田 朝陽 外野手 3 富山 射水大門中
9 堀 裕貴 外野手 3 富山 射水大門中
10 松代 賢 控え 3 富山 高岡福岡中
11 堀内 慎哉 控え 1 富山 高岡志貴野中
12 横田 大輝 控え 3 富山 高岡西部中
13 多賀 章渡 控え 3 富山 上市中
14 狭間 誠 控え 3 富山 氷見北部中
15 山崎 翔真 控え 3 富山 氷見十三中
16 堀井 大聖 控え 3 富山 射水大門中
17 田中 遼 控え 3 富山 射水大門中
18 志水 照英 控え 3 富山 高岡福岡中
19 田中 大都 控え 1 富山蟹谷中
20 竹田 郁行 控え 2 富山東部中

20名が富山県内中学の出身選手です。

ベンチ外の選手も県外中学の出身者は
ほとんどいないようです。

スポンサーリンク

高岡商業高校 3年連続20回目

昨年の夏の甲子園では2勝をあげ
優勝した大阪桐蔭に1-3でやぶれたものの
大阪桐蔭と対戦したチームでは一番対等に
渡り合った印象があります。

そのチームから森田、井林、石黒優、堀の
2年生はレギュラーで出場し彼らが新チームに
残った。

秋の大会では優勝候補筆頭に挙げられるも
決勝で敗戦。

富山2位で臨んだ北信越大会は初戦敗退。

実力を発揮できない新チームのスタートとなった。

夏の予選はノーシードからの挑戦。

最初の山場は準々決勝、春の県大会優勝の
高岡第一。

延長11回までもつれた試合は
注目選手井林選手のタイムリー二塁打で勝ち越し
1-0で接戦に勝利。

準決勝をコールド勝ちすると

決勝は昨年の夏の大会決勝と同じカード
富山第一。

初回に先制されるも3回に追いつき
4回には井林選手の満塁ホームランで
一気に5点を勝ち越すと
エースの荒井投手が4失点しながら要所を占めるピッチングで
7-4で勝利。見事3年連続20回目の出場を決めた。

チーム打率は.311

チーム打率は.311ながら

昨年夏の甲子園を経験した
森田、井林、石黒優、堀と1番から4番までを
左打者で並べる。

井林は22打数10安打打率.455。打点10と
トレンドともいえる最強打者を2番に配置。

4番の堀も勝負強く、21打数7安打打率.333ながら9打点、
1ホームラン。

下位打線9番鈴木は20打数8安打、打率.400と
甲子園未経験の選手も成長してきた。

投手陣は荒井が中心

投手陣は右横手投げの荒井投手が中心。
昨年冬に上手投げから横手投げに変更し
直球、変化球とキレがました。

外野手の堀が控え投手ですが
ストレートは140キロ以上、4試合14回3分の2を投げて
奪三振は19とイニング数を上回る三振を奪っている。

守備面では6試合で3失策を固く
特に1年生でレギュラーをつかんだショート石黒和として
鈴木との二遊間は安定している。

注目選手は井林泰雅

高岡商業高校の注目選手は井林泰雅。

富山県史上最高のスラッガーといっても
過言ではなく

昨年の夏の甲子園にも出場

甲子園1回戦、佐賀商木村投手からホームラン
甲子園2回戦、佐久長聖北畑投手からフェンス直撃3塁打

秋の大会では、富山東(準決勝)沼田投手、
富山第一(決勝)濱田投手からホームラン

国体でも済美山口投手から長打2本

広角に打ち分ける力はもともとあり
さらに確実性も増しており、
夏の甲子園での打撃成績に注目しましょう。

最後に

富山県勢では最多の甲子園出場を誇る高岡商業高校。

富山県勢では過去ベスト8が最高成績。

今回のチームは過去最高のベスト4も狙えそうです。

その初戦は島根県代表の石見智翠館
6試合で74安打の打線。

打ち合いの試合になりそうです。

スポンサーリンク

高校野球

Posted by wajo