富島高校夏の甲子園2019メンバーの出身中学は?浜田登監督プロフィールとトピックス

目次

夏の甲子園2019に出場する宮崎県代表
富島高校野球部メンバー2019の出身中学と
浜田登監督プロフィールとトピックスをご紹介していきましょう。

スポンサードリンク

富島高校夏の甲子2019出場メンバーの出身中学

1 黒木 拓馬 投手 3 宮崎 延岡南中
2 黒田 直人 捕手 3 宮崎 日向財光寺中
3 小貫 隆成 内野手3 宮崎 日向大王谷中
4 古賀 優志郎 内野手3 宮崎 日向大王谷中
5 安藤 陸 内野手3 宮崎 日向美々津中
6 松浦 佑星 内野手3 宮崎 西都三納中
7 奥野 朝陽 外野手3 宮崎 高鍋東中
8 黒木 剛志 外野手3 宮崎 日向富島中
9 内山 大夢 外野手3 宮崎 日向富島中
10富井 大輝 控え 3 宮崎 美郷西郷中
11斉藤 翔大 控え 3 宮崎 西都三納中
12村上 憂都 控え 3 宮崎 宮崎久峰中
13矢野 磨納仁控え 3 宮崎 延岡北川中
14小原 大喜 控え 3 宮崎 西都三納中
15和田 一希 控え 3 宮崎 日向財光寺中
16高橋 信人 控え 2 宮崎 門川中
17河野 滉大 控え 3 宮崎 門川中
18河野 倫大 控え 3 宮崎 日向財光寺中

公立高校らしく
18名が宮崎県内中学の出身選手です。

浜田登監督プロフィール

1967年、宮崎市生まれ。
宮崎商で野手としてプレー。
大学を卒業して就職後、
野球の指導者を目指して教員となった。

2008年、母校·宮崎商の監督として夏の甲子園に出場。
13年、富島の監督に就き、
18年春の選抜大会で甲子園出場を果たした。
趣味のゴルフを封印して野球漬けの日々を送る。

スポンサーリンク

富島高校 初出場

昨年の選抜に出場し
宮崎県大会では7年ぶりに公立高校の優勝。

初戦は強豪日南学園、10安打で勝利すると
一気に波にのった。

すべての試合で先制し、失点も1試合最大で2。

大会を通じて安定した試合運びだった。

攻撃の中心は1番松浦選手。
17打数11安打打点7、打率はなんと.647

3番黒田、4番黒木も打率4割越え、
先発全員が打点を記録しどこからでも点数が取れる。

投手陣は黒木拓が絶対エース。
県大会では全5試合に先発し42イングで自責点0

140キロのストレートとスライダーを武器に抑える。

2番手以降は富井、斉藤ともに成長が期待される。

変わったトピックとしては
長期休暇には近所のお店などでアルバイトをすること。

遠征費を工面する目的だそうですが
普段はアルバイト禁止にしている学校ですが
長期休暇、部単位であれば認めているとのこと。

お金を稼ぐ大切さを学んでいるそうです。

■地方大会の成績

7月12日 2回戦 日南学園 7-2
松浦の適時打、黒田直人の三塁打などで得点

7月17日 3回戦 妻・(新)妻 7-2
黒田直人が4打数 4安打。黒木拓は8奪三振

7月25日 準々決勝 日南振徳 8-1
1安打で八回コールド。黒木拓は7奪三振

7月27日 準決勝 都城工 5-0
古賀の三塁打などで得点。黒木拓が完封

7月29日 決勝 小林西 4-0
黒木剛、松浦が本塁打。黒木拓が連続完封

夏の甲子園2019組み合わせは

夏の甲子園2019の組み合わせは8月8日大会第3日目
第4試合で福井県代表のと敦賀気比と対戦。

2年連続出場敦賀気比は右腕・笠島に注目。

一方富島は初出場。
打線の要はプロ注目のリードオフマン松浦主将。
宮崎大会では打率.647と打ちまくった。

笠島対富島の打線に注目です。

スポンサーリンク

高校野球

Posted by wajo