津田学園野球部メンバー2019出身中学は?注目選手は前佑囲斗!

目次

夏の甲子園2019に出場する三重県代表
津田学園野球部メンバー2019の出身中学と

津田学園注目選手の
前佑囲斗選手をピックアップしたいと思います。

スポンサードリンク

津田学園野球部メンバー2019の出身中学

1 前 佑囲斗 投手 3 三重 亀山中
2 阿萬田 琉希 捕手 3 兵庫 南あわじ三原中
3 松尾 夏希 内野手3 愛知 武豊中
4 大音 壱汰 内野手3 福井 敦賀粟野中
5 前川 夏輝 内野手3 三重 津一身田中
6 小林 世直 内野手2 三重 桑名長島中
7 石川 史門 外野手3 三重 東員第一中
8 渡邉 保育 外野手3 愛知 名古屋はとり中
9 藤井 久大 外野手3 兵庫 明石二見中
10 降井 隼斗 控え 3 三重 四日市三滝中
11 髙手 亮佑 控え 3 愛知 愛西永和中
12 水谷 響 控え 3 三重 桑名多度中
13 藤田大生 控え 3 三重 北勢中
14 中村 宇亜 控え 2 兵庫 神戸魚崎中
15 谷頭 幹太 控え 2 福井 若狭三方中
16 伊藤 侑希 控え 3 三重 東員第一中
17 岩本 太一 控え 3 三重 尾鷲尾鷲中
18 榮 龍騰 控え 2 兵庫 神戸高倉中
19 深尾最斗 控え 3 三重 藤原中
20 中茎 侃太 控え 3 兵庫 神戸高取台中

10名が三重県内中学の出身選手です。

三重県以外の出身中学選手の内訳です。

兵庫県  5名

愛知県  3名

福井県  2名

半数は地元三重県、
次に兵庫県から来ている選手が多いです。

スポンサーリンク

津田学園 2年ぶり2回目

三重県大会を2年ぶりに制した、
昨年夏は初戦敗退したものの
秋の大会では東海大会準優勝でセンバツに出場。

春夏連続での甲子園になりました。

春の大会も東海大会で優勝し
県内では頭ひとつぬけた存在で
歴代の津田学園で最強のチームといっていいでしょう。

■地方大会の成績

7月20日 2回戦 四日市中央工 8-0
前川が2本塁打5打点、七回コールド

7月23日 3回戦 木本 9-0
下位が好機をつくり渡辺が3打点、七回コールド

7月24日 準々決勝 皇学館 4-0
一回、四死球につけ込み3得点。前が完封

7月26日 準決勝 宇治山田商 9-0
藤井は本塁打含む4打点、七回コールド

7月28日 決勝 海星 6-4
一回に2点を先行されたが逆転。前が完投

チーム打率は.365

長打力のある前川が打撃の中心。
三重大会では2本塁打、8打点。

三番藤井も17打数8安打の打率.471
一番大音は出塁率が高く、走力もある。

二番渡辺は15打数8安打、打率は.533チームトップの
打率を誇る。

7番の阿萬田も17打数8安打、打率.471と
打線には切れ目がない。

8番の小林こそ打率2割り台だがセンバツで3安打を
放っており、波に乗せると怖い。

投手陣は前投手が主戦

センバツでも注目を集めた前投手が中心。
予選では31イニングを投げ奪三振は38
4試合に登板し決勝で失点した4失点のみ。

2番手は右横手投げの降井
身長172センチで体重は57キロしかない細身の体から
ストレートは140キロを超える。

リリーフの高手は制球力が高い。

三重大会では登板がなかった背番号18の栄。
唯一の貴重なサウスポーで前投手直伝の
ツーシームが武器。

守備も県大会無失策と固く
投手陣を盛り上げる。

注目選手は前佑囲斗

注目はなんといってもエース前佑囲斗投手。

182cm87kg、最速152㌔直球を持つ本格派右腕。
持ち球はスライダー、フォークボール、ツーシーム、カーブ。
どの球種でもストライクが取れ
手元で伸びるストレート
決め球のツーシームも一級品。

夏の甲子園2019組み合わせは

夏の甲子園2019では大会第2日目
第2試合で静岡高校と対戦

静岡高校三振しない打線。
前投手が静岡高校からいくつ三振を取るのか

非常に楽しみです。

スポンサーリンク

高校野球

Posted by wajo