津田学園センバツ2019野球部メンバー出身中学と戦力分析!注目選手は?

目次

2019センバツ選抜高校野球に出場する

津田学園野球部メンバー出身中学と戦力分析、

そして注目選手を見ていこうと思いますが

まずは野球部概要から。

津田学園のこれまでの甲子園出場は春2回、夏1回

成績は春1勝2敗、夏1勝1敗

勝利数から見てもわかる通りベスト8以上の成績はありません。

昨秋の県大会では3位となり、開催地枠で東海大会に出場。

準決勝で中京大中京にコールド勝ち。

決勝では東邦に敗れたものの17年ぶり3回目のセンバツ出場を決めた。

OBには阪神桑原選手や元楽天の出口選手がいます。

スポンサードリンク

それでは津田学園の野球部メンバーの出身中学です。

 

1 前 佑囲斗  投手  2 三重 亀山亀山中 津ボーイズ
2 阿萬田 琉希 捕手 2 兵庫 南あわじ三原中 神戸中央シニア
3 小林 世直  内野手 1 三重 桑名長島中 中学軟式野球部
4 前川 夏輝  内野手 2 三重 津一身田中 津ボーイズ
5 松尾 夏希  内野手 2 愛知 武豊中 東海中央ボーイズ
6 大音 壱汰  内野手 2 福井 敦賀粟野中 美方ボーイズ
7 石川 史門  外野手 2 三重 東員東員第一中 愛知西シニア
8 渡邉 保育  外野手 2 愛知 名古屋市はとり中 Kボール名古屋市選抜
9 藤井 久大  外野手 2 兵庫 明石二見中 神戸中央シニア
10 降井 隼斗  控え 2 三重 四日市三滝中 藤澤BBC
11 榮 龍騰   控え 1 兵庫 神戸高倉中 神戸中央シニア
12 岩戸 隼樹  控え 1 愛知 東海富木島中 東海中央ボーイズ
13 岩本 太一  控え 2 三重 尾鷲尾鷲中 海山シニア
14 水谷 響  控え 2 三重 桑名市立多度中
15 谷頭 幹太  控え 1 福井 若狭三方中 美方ボーイズ
16 中村 宇亜  控え 1 兵庫 神戸魚崎中 神戸中央シニア
17 伊藤 侑希  控え 2 三重 東員東員第一中 四日市ボーイズ
18 髙手 亮佑  控え 2 愛知 愛西永和中 藤華クラブ

8名が三重県内中学の出身選手です。

三重県以外の出身中学選手の内訳です。

兵庫県  4名

愛知県  4名

福井県  2名

控え選手を見ても地元三重近隣の愛知からの選手が多いようです。

スポンサーリンク

戦力分析

投手力から

主戦はストレートMAX148キロの前。

ストレート、スライダーを武器に旧チームから

すでに実践を多く経験している。

東海大会でも1回戦から3試合連続で完投し

スタミナも十分。冬の間に一回り体も大きくなり

甲子園ではさらにスケールアップした姿をみせる。

2番手は榮投手。多彩な変化球が持ち味。

高手はケガで出遅れ本調子ではないものの

本来であれば2番手格。

降井投手は横手投げからストレートMAX141キロをほこる。

攻撃力

スイングが力強い選手がそろう。

東海大会では1回戦から準決勝まで3試合連続2桁安打。

得点も30点をあげた。

その中心となるのは4番の前川選手。

常にフルスイングで高校通算10本塁打。

東海大会では3試合連続のホームランを記録。

1番をうつ大音選手は50メートル5秒台の俊足で

2番松尾選手は攻める2番打者。

1年生からレギュラーの藤井選手と続く。

9番渡邉選手が出塁すると得点につながるケースが多く

カギを握る選手になりそう。

エースの前は打力もあり本来であれば中軸をまかせられる。

総合力

エースの前は投球回数を上回る奪三振数で

防御率も2.08と守りも固いが

本来は打撃が売りのチーム。

佐川監督はとられたらとりかえすと打ち勝つ野球を目指してきた。

一方で守備はポジションをいろいろ試し課題がある。

基本的には9人固定で戦ってきたが、控えにやや不安がある。

注目の選手は

津田学園の注目の選手は前川夏輝選手。

東海大会では初戦の大垣日大戦から3試合連続でホームラン。

高校通算10本塁打ながら一気に注目を集めた。

常にフルスイングを意識していながら

右方向への打撃も同時に意識し

中京大中京戦では右中間へ見事なホームラン。

甲子園でも一発に期待。

最後に

エース前はプロも注目の選手。

そしてホームランの量産できる前川選手と

投打にタレントがいる。

これまで甲子園では上位進出がないが

今回は勝ち進むことができるかもしれない。期待しましょう。

スポンサーリンク

高校野球

Posted by wajo