U18日本代表野球2019メンバー発表!履正社からは0人はなぜ?

目次

U18日本代表野球2019のメンバーが先日発表されました。
選抜されたU18日本代表野球メンバーは順当にという声もある一方で
夏の甲子園優勝校である履正社から選ばれたのは0人。
疑問視する声もありました。

それではまず、U18日本代表野球2019のメンバーから見ていきましょう。

スポンサードリンク

スポンサーリンク

U18日本代表野球2019のメンバー

【投手】
佐々木 朗希(大船渡)
浅田 将汰(有明)
池田 陽佑(智弁和歌山)
前 佑囲斗(津田学園)
飯塚 脩人(習志野)
西 純矢(創志学園)
宮城 大弥(興南)
奥川 恭伸(星稜)
林 優樹(近江)

【捕手】
山瀬 慎之助(星稜)
水上 桂(明石商)

【内野手】
森 敬斗(桐蔭学園)
武岡 龍世(八戸学院光星)
石川 昂弥(東邦)
韮沢 雄也(花咲徳栄)
遠藤 成(東海大相模)
坂下 翔馬(智弁学園)
熊田 任洋(東邦)

【外野手】
鵜沼 魁斗(東海大相模)
横山 陽樹(作新学院)

以上最終的に選ばれたメンバー20人です。

ポジション別で構成をみると

投手9人、捕手2人、内野手7人、外野手2人。

投手

甲子園で登板経験のある石川選手と遠藤選手を加えると
実質投手は11人になります。

これは大会スケジュールが10日間で9試合もあることに加え
今回のU18ワールドカップ2019から球数制限が
設けられたことで投手の数がどうしても必要になったからと
思われます。

球数制限

1.最大105球(その打者まで投球可能)に達した場合は中4日が必要
2.50~104球までは中1日が必要
3.49球以下なら連投可能
4.球数にかかわらず、3日続けて登板した場合は翌日の「4連投」は認められない

U18野球ワールドカップの日程

①8月30日 12時 スペイン
②8月31日 12時 南アフリカ
③9月1日 18時 アメリカ
④9月2日 18時 チャイニーズタイペイ
⑤9月3日 18時 パナマ

3位以内でスーパーラウンド

⑥9月5日
⑦9月6日
⑧9月7日

⑨9月8日 決勝および3位決定戦

105球投げてしまうと中4日必要になるため
奥川、佐々木両投手も含め105球未満で全員投げると思います。

最大の注目点は9月1日アメリカ戦を
全力で勝ちに行くのかというところでしょうか。

捕手

2人しかいないため怪我をしたときの不安があります。
最悪、中学日本代表でキャッチャー経験のある
横山選手を起用するのでしょうか?

内野手7人

個々の能力は高いと思いますが
7人中、本職ショートが6人、セカンド0人
サードに1人といびつです。

前投手がファーストもできますが
バランスが悪いのは否めません。

外野手2人

こちらは外野手が2人でともに2年生

履正社から0人、選考基準は

永田代表監督は「今年4月に行った研修合宿が大変参考となり、
選考委員の方々には走攻守バランスの取れた選考をしていただいた」と述べました。
これが今回の侍ジャパンU18メンバー20人の選考基準の根底にあるようです。

今回のU18野球ワールドカップメンバーは、
今年4月に第1次候補37人が選ばれて
選手選考は、日本高野連技術・振興委員と
昨年発足した「国際対策プロジェクトチーム」が担当することに
なっております。

その1次候補選手37人は春に研修合宿を行い、
国際試合に向け座学研修や技術面の指導を受けました。
その合宿内容や春季大会、夏の地方予選・甲子園での活躍などを勘案し、
再度選考が行われ、最終的に20人が選ばれたわけですが

1次候補選手がまずはベースになっていることや
「20人」と選出枠に制限があることもあり、
今回のメンバーになっています。

ちなみに20人のうち、
夏の甲子園不出場選手は以下7人です。

佐々木朗希(大船渡)
浅田将汰(有明)
西純矢(創志学園)
宮城大弥(興南)
森敬斗(桐蔭学園)
石川昂弥(東邦)
熊田任洋(東邦)

そして第一次候補には選出されておらず
最終メンバーに入ったのは以下6人

飯塚 脩人(習志野)
水上 桂(明石商)
遠藤 成(東海大相模)
坂下 翔馬(智弁学園)
鵜沼 魁斗(東海大相模)
横山 陽樹(作新学院)

個人の意見ですが・・・

甲子園の活躍を勘案するのであれば
黒川(智弁和歌山)、井上(履正社)、内山(星稜)選手が
入ってもおかしくないと思ってしまいます。

特に履正社の井上選手や桃田選手、そして左の清水投手の
優勝メンバーはいれてほしかったと思います。

限られた人数、投手中心、複数のポジションをこなせること
などが今回の選考基準としては重視されたのでしょうか。

最後に

20人という人数で球数制限をするのであれば
ベンチ入りの人数を増やすのも課題ではないかと
思います。

条件はどこも一緒ですが10日間で9試合を
こなすスケジュールもあって
今後の課題と思います。

スポンサーリンク

高校野球

Posted by wajo