山梨学院センバツ2019野球部メンバー出身中学と戦力分析!注目選手は?

2019年3月9日

目次

2019センバツ選抜高校野球に出場する

山梨学院野球部メンバー出身中学と戦力分析、

そして注目選手を見ていこうと思いますが

まずは野球部概要から。

山梨学院の甲子園出場は春2回、夏8回

成績は春1勝2敗、夏2勝8敗で

勝敗からわかりますがベスト8以上の成績はありません。

巨人の松本コーチやソフトバンクの明石選手らがOBです。

スポンサードリンク

それではの山梨学院野球部メンバーの出身中学です。

1 中込 陽翔 投手 2 山梨 富士川鰍沢中 北杜ボーイズ
2 栗田 勇雅 捕手 1 福島 いわき平第一中 いわきボーイズ
3 相澤 利悛 内野手 2 山梨 甲斐玉幡中 甲府南リトルシニア
4 菅野 秀斗 内野手 2 東京 日野七生中 八王子リトルシニア
5 高垣 広大 内野手 2 大阪 大阪東淀中 大阪東淀川ボーイズ
6 小吹 悠人 内野手 1 福島 いわき小名浜第二中 いわきボーイズ
7 野村 健太 外野手 2 愛知 安城東山中 愛知衣浦リトルシニア
8 渡邉 嵩馬 外野手 1 西桂町立西桂中 山梨富士山ボーイズ
9 宮崎 一樹 外野手 2 東京 日野平山中 調布リトルシニア
10 佐藤 裕士 2 山梨 甲府城南中 甲府南リトルシニア
11 駒井 祐亮 2 山梨 甲府東中 北杜ボーイズ
12 飯塚 大河 1 東京 練馬区立石神井中 練馬中央シニア
13 岸本 捷汰 2 山梨 甲府城南中 甲府南リトルシニア
14 功刀 史也 1 山梨 南アルプス白根巨摩中 山梨クラブ
15 上野 颯夏 1 神奈川川崎市立西中原中 横浜青葉ボーイズ
16 椙浦 元貴 2 山中湖村立山中湖中 富士河口湖シニア
17 脇坂 尚直 2 滋賀 東近江愛東中 湖東シニア
18 石神 悠樹 2 東京 江戸川松江第五中 浦安シニア

出身内訳

山梨 8人

東京 4人

福島 2人

大阪 1人

愛知 1人

神奈川 1人

滋賀 1人

地元山梨が一番多いですが

控えをみると関東中心にいろいろなところから

来ています。

スポンサーリンク

戦力分析

投手力から

絶対的エースは不在だったが背番号3の相澤が

先発に抑えに大車輪の活躍で

センバツでは背番号1をつける。(と思われる。)

相澤はストレートのMAXが130キロに届かないものの

スライダー、チェンジアップの制球が抜群で

また、ゲームメークにもたけている。

2番手は左の駒井か。ストレートの球威は十分で

変化球の制球がつけば面白い存在。

攻撃力

4番の野村は秋の公式戦では26打数13安打

打率.500 4本塁打 18打点と打ちまくった。

二番菅野は小技が得意で

三番相澤はバットコントロールがうまい。

前述した四番野村までの3人が得点源。

この3人の前にランナーをいかにだすかが勝敗のカギになる。

投手力がどちらかといえば弱いので

打ち勝っていくのが山梨学院のスタイル。

六番の小吹が関東大会でホームランを放ち

侮れない存在になりそう。

総合力

昨秋の大会ではチーム打率は.313

8試合で6発51安打と強打、加えて

エンドランなどを絡めてくる攻撃力は

全国でも上位レベルといっていい。

課題は投手力。絶対的エースはいないものの

秋の大会は相澤が安定していた。

エースナンバーは相澤がつけると思われるが

何人かの投手を試しながらチーム全体の

投手力底上げをはかっていく。

 

注目の選手は

 

注目は山梨のデスパイネこと4番の野村選手。

高校通算34本塁打のパワフルな打撃が魅力の選手。

昨年の夏の甲子園にも出場し1回戦の高知商戦で

レフトスタンドへ同点となるホームランを放った。

恵まれた体格で一時は100キロ近い体重だったものを

80キロ台まで減量し結果バットのスイングスピードがあがり

ホームランを量産できるようになった。

センバツ大会ではデスパイネのごとく

豪快な一発を見たいものです。

最後に

昨年の夏の大会では1回戦で高知商と戦い

両軍合わせて30安打の乱打戦。

12対14で惜しくも敗退した。

春夏どちらも出場経験があるものの

2回戦までしか勝ち上がったことがない。

その壁を破れるのか注目していきましょう。

スポンサーリンク

高校野球

Posted by wajo