米子東野球部メンバー2019出身中学は?紙本庸由監督プロフィールとトピックス

目次

夏の甲子園2019に出場する鳥取県代表
米子東高校高校野球部メンバー2019の出身中学と
紙本庸由監督プロフィールとトピックスをご紹介していきましょう。

スポンサードリンク

米子東高校野球部メンバー2019の出身中学

1森下 祐樹 投手 3 鳥取 組合立箕蚊屋中
2長尾 駿弥 捕手 2 鳥取 日南日南中
3福島 悠高 内野手 3 鳥取 組合立箕蚊屋中
4福島 康太 内野手 3 鳥取 米子加茂中
5遊 壮一郎 内野手 3 鳥取 大山大山中
6岡本 大翔 内野手 2 鳥取 伯耆岸本中
7本多 翔 外野手 3 鳥取 米子東山中
8山内 陽太郎 外野手2 鳥取 米子福生中
9土岐 尚史 外野手 2 鳥取 米子湊山中
10野村 大和 控え 3 鳥取 米子福米中
11松田 凌 控え 2 鳥取 大山大山中
12平山 悠斗 控え 2 鳥取 米子後藤ヶ丘中
13藤 想大 控え 2 鳥取 米子加茂中
14岩本 勇気 控え 2 鳥取 大山中山中
15戸野 皓介 控え 2 鳥取 大山名和中
16長尾 泰成 控え 1 鳥取 米子後藤ヶ丘中
17舩木 洸斗 控え 1 鳥取 米子淀江中
18舩木 佑 控え 1 鳥取 大山名和中

18名が鳥取県内中学の出身選手です。

紙本庸由監督プロフィール

1981年、鳥取県米子市生まれ。
米子東では主将を務めた。

鳥取大卒業後、保健体育科教諭として母校へ戻る。
倉吉東などの他校コーチを経て、
2013年8月から米子東の監督に。

今春の選抜大会で23年ぶりに母校を甲子園出場へ導き、
自身も初の聖地を踏みしめた。
「春に歌えなかった校歌を歌いたい」

スポンサーリンク

米子東 28年ぶり14回目の出場

1899年創立の県立高校

1915年第一回大会から地方大会に出場している
全国15校のうちのひとつ。

鳥取県勢としては1956年唯一ベスト4入り。

昨年秋は県大会準優勝、中国地区大会でも準優勝し
センバツに出場。

センバツでは札幌大谷に1-4で敗退。

春の県大会優勝、山陰大会優勝と躍進を続ける。

夏の予選は準決勝までは相手を圧倒。

決勝戦は常に先行を許す戦いとなったが
8回に逆転、試合を決め

1960年以来の春夏連続出場。

■地方大会の成績

7月16日 2回戦 鳥取育英 7-0
7月23日 準々決勝 米子松蔭 5-1
7月26日 準決勝 倉吉東 6-1
7月27日 決勝 鳥取城北 6-5

夏の甲子園2019組み合わせは

夏の甲子園2019の組み合わせは8月8日大会第3日目
第1試合で和歌山県代表の智辯和歌山と対戦。

4番岡本大翔選手は県予選6割の強打者。
優勝候補の一角でもある智辯和歌山

和歌山県大会では失点わずか1の投手陣から
得点できるのか注目しましょう。

スポンサーリンク

高校野球

Posted by wajo